戯れ 母子家庭の奮闘

ママだけじゃダメ?

投稿日:02/04/2017 更新日:

旦那さんは娘が2歳を迎えた直後に出て行きました。
娘と旦那はそれ以降ほとんど会っていません。

それについて私が「申し訳ない」と言う感情を持つ必要があると気付いたのは、
つい最近でした。
傲慢ですが、
娘には私だけがいればいいだろう、
とどこかで思っていたのですね。

 

娘は極度のママっこだし、
ママはわき目もふらずに娘だけを見て来ました。

今も世間的には仲良し親子です^^

娘が何かを頑張るときはいつだってママが傍にいました。
自転車の補助輪を外してあげたのもママだし、
小さい頃は根性で肩車だってしてあげていました。

ママが大好きな娘と、娘が大好きなママ。

そんな環境で一心不乱にお互いを見つめ続けている親子に、
何か不満が生じるとでも?
そんな風に思う部分が少なからずあったのだと思います。

 

それが。

最近、
もしかしたらそうじゃないかもしれないな、
と思うようになりました。

世の中にはパパとママ、
「親」が「二人」いることで成り立つものの多さに気付いたのです。

 

例えばママがガミガミ怒っている時は、
パパは輪の外に居て、
実質的に子供の逃げ場になることがあるでしょう。
「そんなに怒らなくてもいいじゃんね」
と言い合える存在が必要な時もあるのだと思うのです。

パパが怒っている時はその逆ですね。

万が一そんな時に会社や外出で片方の親が不在だとしても、
怒っていない方の親に心意的に想いを寄せて、
「いいもん、きっとパパ(ママ)ならわかってくれるもん」
とプイッと出来る環境が整っている。

 

ママが怒っていればパパが味方だし、
パパが怒っていればママが救いになる。
片親であると言う事は、
その感情の退路を断つという事でもあるんだなぁと、
ふと思ったのです。

 

勿論、
味方になってくれる対象は何も「パパ」と「ママ」に限った事ではないから、
おじいちゃんやおばあちゃん、
近所の叔父や叔母でも良い訳ですけど・・・・
一緒に住んでいないと、
やはり咄嗟の時の心の拠り所にはなり得ないわけで。

 

離婚した時は、
私が頑張る事でカバー出来ると信じていたし、
ブログもそのまま、
「時々パパまでやっています」
つまり、
パパにだってなるよって言っています。
それについては今でもそれだけの覚悟は持っていますが。

 

でも、
私は逆立ちをしたって私であり、
1つの人格は急に外見も中身も2つには出来ない。
両者の意見が必要な時には、
どうしたってダブルじゃなくてシングルなんですよね。

 

気合だけでは乗り切れない事もあるんだ。
その辺は悲しいし悔しいけれど、
事実として受け止めていかねばならぬ事なんだと思います。

 

そう思った時、
初めて思ったんです。

「パパがいなくてごめんね」

 

それは、
二人の親が子供を育てるというマジョリティーな世界に、
シングル世帯と言うマイノリティーでいると言う事への弱音だったのでした。

 

-戯れ, 母子家庭の奮闘
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーとして娘の誕生日を殊更に大切にする理由

「シングルマザーとして」と言うより、「Roroの持論として」と言う方が正しいですね。 私は殊更「誕生日」と言うものを大事にしています。     それは、「あなたが生まれて来てくれて …

私が娘と離れたがっているッ!? 焦った巣立ちの失敗談

先日父に言われた言葉に衝撃を受けました。   「Roroは、何をそんなに娘と離れたがっているの? 」     えっ?! ∑(゜ロ゜ノ)ノ     Sp …

「親子de通う」習い事の意義

以前、「シングルマザーだけど幸せに生きたいと思ったからやったこと」と言う日記を書きました。 フィットネスクラブに入会したのです。     まだ続いていますよ! 何とか三日坊主になら …

ママ友は敵か味方か

先日、娘の学校で宿泊学習がありました。 2泊3日、元気に楽しんで帰って来たようで、 お土産とお土産話がたっぷり! 楽しめたのはとても良かったなって思っています。   さぁ。 小さな小さな話か …

二度と会えない代名詞が「パパ」だと言われて、私がホッとしたこと

先日、 「きつねの窓」 を学校で音読したと娘が言ってきました。 きつねの窓 (はじめてよむ日本の名作絵どうわ) [ 安房直子 ] 価格:1,296円 (2017/9/29 14:31時点) 感想(0件 …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー