戯れ

【シングルマザーの昔を振り返る】メアリと魔女の花を観て

投稿日:01/05/2020 更新日:

前回の「【シングルマザーの昔を振り返る】未来のミライを観て」を読んで下さった方が結構いらっしゃったので、調子に乗って再び過去ブログを引っ張り出してみました。

ゴールデンウィークもお家に居る人が多いと思うので、時間潰しにでも読んで頂ければ幸いです^^

 

 

今日は「メアリと魔女の花」のお話です。

私は子供と舞台や映画を観ることがとても好きで、よく映画館にも足を運びました。

(今も行きます)

一緒に観ているのはほとんどが邦画のアニメ作品なんですが、割とこのチョイスはその時々で子供に伝えたいことが包括されていて、外れる事がないなぁと思っています。

 

邦画のアニメってテーマがわかりやすいものが多く、とどのつまりが

「転んでも間違えても、最後は絶対に自分なりの納得できる答えを出していく」

そういう展開になっているものがほとんどです。

 

伝えたくてつい説教クサくなってしまって聞いて貰えなかったり、何だかギクシャクし始めた親子関係の時も、良いあんばいに潤滑油になってくれるなぁと言うのが私の感想。

 

 

前作の「未来のミライ」もそうですけど、ぜひ親子で観て頂ければと思う映画の1つです^^

 

 

 

Sponsored Link


2017年8月『メアリと魔女の花』を観てきたよ!

今期一番観たかった映画、

「メアリと魔女の花」

を観に行って来ました!!

 

メアリと魔女の花 [ 杉咲花 ]

価格:3,913円
(2020/4/29 17:02時点)
感想(13件)

事前のクチコミで、

「メアリの性格に難アリ」

と言うのを読んでしまっていたので、

 

・・・それってどういうことなんだろう???

と不思議に思っていたんですが、実際に本編を観てみたら、凄く良く理解出来ました・笑。

 

 

私が思うに、「メアリに難がある」と言うよりは、「人間の業」みたいなものですね。

クチコミが衝撃的過ぎただけで、メアリはいたってフツーの子です。

 

人間は誰しも弱い心を持っているし、卑怯な心も持っているし、変わりたいと望んでいるのに、変わる事を億劫がったり怖がったりしている。

みんなそういうものと戦っているんだよ。

それは別に特別な事じゃないし、性格が歪んでいるわけでもない。

 

そういうものと戦うのがイヤで逃げるなんてことも、そんなものは日常茶飯事だし、逆にそうやって人は葛藤を抱えながら生きている。

そんな自分を嫌悪しながら、もがいて生きている。

 

私はメアリの勝手な心がとてもよく理解が出来てしまいました。

(あれ、性格に難があるのは私か? )

 

 

でもだからこそ。

そういう意味で、最近思春期反抗期のトンネルをくぐり始めた自分の子供とこの映画を観ることが出来たのは良かったなと思いました。

思春期ってどこか潔癖じゃないですか。

自分が思う歪んだ気持ちとかを嫌悪する度合いも酷く大きい。

 

それは、今、私が子供にいくら何かを説いたとしても心には響かないんです。

汚くても、歪んでも、それを嫌悪しながら許容しつつ生きていくしかないのが人間だ。

だからこそ人は上を向こうと努力するし、今よりよく有りたいと頑張る事が出来る。

 

メアリの生き様を観て何かを感じ取ってくれたらいいなと思いました。

 

 

まぁ。

でもきっと・・・。

「感じ取る」とかそういう次元じゃなくて、本人自身もちゃんと気付いていくんだろうとも思いますけどね。

そういう葛藤というものが、「思春期」と言う名前で総括されるものではないのだろうかとも思います。

 

 

それでいいんだ。

それが私なんだ。

 

我が子にがいつかそういう答えに辿り着く為の1つの補助材として、この「メアリと魔女の花」があったらいいなと、そう思っています。

 

 

これは全くの余談ですが、ピーター役の神木くんは鉄板でしたね。

ジブリと言えば神木くん、私の中ではそうなっています・笑。

今回も安定した癒し系の深い清らかな声でした^^

 

 

力強いシングルママさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

 

 

 

-戯れ
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1日を48時間にしよう! 効率的な人になる徹底講座♪

人は誰しも1日24時間。 それは若い人でもお年を召した人でも、貧乏人でもお金持ちでも等しく平等です。     でもね。 家事が2時間かかる人と1時間で済んじゃう人は1日の長さが変わ …

辛い時にはこれを読め! シングルマザーRoroの辛い時を乗り切れたとっておきの1冊をご紹介

人付き合いが苦手な人見知りです。 そう言わないように気をつけてはいますが、率先して外の世界に飛び出そうとはなかなか思えません。 ですが基本は色々知りたがり屋です。   そこで納得出来る趣味、 …

ラノベは絶大なポテンシャルを秘めている! 子供に勧めたい2つの理由

ラノベ、正式名称ライトノベル。 偏見を多分に持った言い方をすれば、なんとなくオタクっぽい響きを持っていますよね。 「ラノベ」と聞いただけで、「え、、、」と思う人は今も一定数いるかなと言うのが私の素直な …

ママ友は敵か味方か

先日、娘の学校で宿泊学習がありました。 2泊3日、元気に楽しんで帰って来たようで、 お土産とお土産話がたっぷり! 楽しめたのはとても良かったなって思っています。   さぁ。 小さな小さな話か …

再婚しない事が離婚した責任だと勘違いしてここまで来た

再婚した方が子供にとっては幸せだったんじゃないか・・・?   最近特にそう思います。 子供が小さい頃はそんな事まるっきり思いませんでした。 子供と私で100%家庭が満たされていたからでしょう …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー