新型コロナウイルス

今、できることを考える

投稿日:14/04/2020 更新日:

不要不急の外出自粛中の日本。

(いや、世界的にか? )

 

今日は感染者が何人、とか。

電車に乗ればコロナウイルス注意喚起のアナウンス、とか。

終わりの見えない我慢をずっと強いられているようで、致し方ないことだとわかってはいても、どことなく気分が塞ぎがちになりますね。

 

抑圧と我慢。

東日本大震災の時の、輪番停電を思い出します。

 

あの時の復興の為に、源泉所得税は今もちょっぴりだけ税率が上がっている。

あれが8年前か。

今度はこのコロナウイルスの為に何か負担が増えるのだろうか。

 

コロナウイルスは人間の身体的ダメージを引き起こしますが、同時に社会経済にも大きくダメージを与えています。

給付金とか補助金を出すのは、回り回って自分たち。

 

勿論、均衡を目指すこの制度自体に異議を唱えるつもりはありません。

でも、本来コロナウイルスが蔓延しなければ他の何かに充てられただろうものがそこにいくのは、なんでこうなってしまったのかと自省する必要があると思うのですよ。

 

何が悪いとか、どれがいけなかったとかは今さら言っても仕方のないこと。

それならば、

「どうしたら今よりもっと良い結果を出せたか」

これを考えるに尽きます。

 

 

思えば私の父はよくそう言いました。

駅までの道のりで、途中で信号に引っ掛かるとする。

そうすると、

「出掛ける時間が後10秒早ければこの信号には引っ掛からなかった。引っ掛からなければ1本早い電車に乗れた。1本早い電車に乗れたら、目的地に10分早く着いた。10分早く着けばそこで一服する時間があった」

とこんな調子で。

 

母は、

「考えたって現実的に間に合わなかったのは事実なんだから、言っても仕方ない事は言うべきじゃない」

と父のそれを非常に嫌がりましたけど、私はどことなく父の思考回路を継いでる気がします。

 

 

Sponsored Link


 

今回のこのコロナ騒動も、

「じゃぁ、どうしたら良かったのか」

そんな事ばかり考える。

 

 

例えばもう少し早く緊急事態宣言が出ていれば、感染者数は減っていたかもしれない。

そんな事は誰しも考えることだと思う。

 

だけれども。

宣言を出さなくても収束するかもしれないという可能性を潰すことになる。

ただ、経済的ダメージだけが残ってしまう結果。

 

今はここまで拡大してしまったから、

「もっと早く出せばよかったのに」

と思うけどさ。

未来は誰にもわからないことだからこそ、人は判断に迷うし決断を恐れる。

 

 

誰だって、被害を最小限に、効果を最大限にしたいもの。

どのタイミングで何を決断するか。

ましてや国1つを動かす事態に陥れば陥るほど、判断と言うものはとても難しいのではないか。

 

私はそう思います。

 

 

それをしょって立つから総理大臣なのだ。

って、確かにそうなんだけどね。

 

 

それでも元々はただの人。

それを忘れてしまえば、天皇の一族が神様だと信じて疑わない時代にまた逆戻りではないかなと私は思います。

 

 

それぞれがそれぞれの立場で最善を尽くしてる。

一番大切なのはそう信じる事ではないかと思います。

 

その上で、自分も自分の最善を尽くす。

 

 

今出来る事は、ただそれだけじゃないでしょうか。

 

 

 

思えばYouTuberの方々が頻繁に配信してエンターテイメントを提供し、若者に外出自粛を呼び掛けてくれている。

うちはドコモユーザーなのでドコモの話しか出来ませんが、ドコモはパケット無償提供をしてくれたりしていますね。

そういう一つ一つに慰められる分、自分も自分の出来ることをする。

 

 

そうやって、収束を願っていけたら良いな。

ありきたりなことしか言えはしないのだけれど、私は今、そんな風に思ってるのでした。

 

 

力強いシングルママさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

-新型コロナウイルス
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【新型コロナウイルス】仕事が減った! さぁ、どうする?

非常事態宣言が発令されました。 学校は休校に次ぐ休校。   「いつもと違う」 みんながそう思ってますよね。 でも、その違いを迎合するというよりは、甘受せざるを得ないと言う感じ。   …

PCR検査を受けてきたよ! 

みなさんこんにちは、Roroです♪   実は先日・・・PCR検査を受けてきましたッ! 今日はその時のお話をしたいと思います。     といっても感染が疑われたとか濃厚接触 …

迷ったけれど、コロナワクチンを打ちました!

みなさんこんにちは、Roroです。 今日は迷いに迷った末、子供のコロナワクチンを接種したよって言うお話です。   Sponsored Link コロナワクチン接種に関して紆余曲折 最初は「コ …

コロナで何もかもを取り上げられていく子どもたち

学生の青春時代は、社会経済に比べたら取るに足らないものかもしれません。 別に思うような青春時代を送れなくても死にはしないし、修学旅行や遠足がなくても生きてはいけます。   ただ、体育祭、合唱 …

コロナ休校に考える! 家庭学習はこれをする事に決めました!

新型コロナウイルス、本当に凄い勢いで広まっていますね。 お恥ずかしながら当初は「対岸の火事」的に考えていたRoroなのですが、子供の学校が休校になった辺りから日本も例外ではないんだという風に考えを改め …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー