離婚の迷路

経済的DV

投稿日:20/12/2016 更新日:

生活費を渡して貰えないことはDVに該当するんですね。
この言葉をつい最近知りました。

 

私達の離婚の行動的な経緯は、
まず何よりも第一に、
【旦那さんがある日突然出て行く】
と言うものでした。

出て行くよりも以前何ヶ月かは旦那さんから一切の生活費を貰えずにいました。

私は当時2歳の娘を保育ママに預け、
その保育時間で働ける短時間の勤務を派遣社員として行っていました。
お給料は月に12万ほど。

 

家賃、光熱費、食費、保育代・・・・
到底足りる金額ではありません。

特にファミリー世帯で住むマンションの家賃が物凄く家計を圧迫していました。
旦那さんは、
「もう出てくから」
という理由で数ヶ月前から家賃も払わなくなり、全てが困窮していました。

唯一旦那さん名義の通帳に口座引落をしていた諸々はそこから落ちていましたが、
(それもいつ止められるかわからず、戦々恐々としました)
それ以外は全て私が払わなくてはなりません。

滞納していた家賃も、
結局保証人になっていた父の元へ請求され、
最終的に私が払いました。

 

貯金があっと言う間になくなりました。
なくなっただけならまだしも、
引っ越すだけの準備も出来ず、
身動きが取れないままにあっという間に催促が山のように来ました。

その時旦那さんは実家に帰ったまま、音信不通でした。

 

・・・・今思い返せば、よくこの状況を乗り切ったと思います。
実家に経済的なものを頼ることも抵抗感があって出来ず、
逆に随分と人様に迷惑もかけました。

が、
結局の所、
自己破産もせず、
借金の記録も作らず、
よくぞうまく切り抜けたなぁと思います。

この辺の事は未だにどう話していいかわからないので整理をつけてからまとめるとして。

 

結局の所、これって「DV」だったんですね。
最近になって知りました。
でも知った所でどうしようもないですけど。

当時の旦那さんは思うように連絡もつかないし、
私は保育時間ギリギリまで仕事してるし、
まさか子供抱えて夜、修羅場を繰り広げに遠路はるばる行けないし。

子供は小さいし、
欲しいのは「明日のお金」なのに、
裁判も調停も話し合うのに何ヶ月もかかるし。
子供手当も世帯主だった「出て行った旦那」の口座に振り込まれるし、
離婚していないから育成手当て達だって貰えない。

 

同じ想いをしている人が、今どれ位いるんだろうな。
なんだか、とても気になります。

 

とりあえず、
DVと言えば殴られたり精神的に嫌なことを言われて追い詰められる事だと思っていたのだけど、
生活費を貰えないという状況も該当するんだってことを知ってくれたらいいなって思います。
私は知らずに来てしまったから。
少しでも今受けている境遇が「不当」であると気付いてくれる人が多くなりますように。

 

-離婚の迷路
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

離婚するってエネルギー

先日のりを頂いた。 「いつもありがとね」 って。 私は特別何もしてなくて、 自分が楽しむ為に友達を誘ってあっち行ったりこっち行ったりしてるだけなんだけど、 それでもそうやって言ってくれる事は凄く幸せで …

もう何もしたくない!!! そんな時はどうしたらいい? Roroはこうやって乗り越えた! 話

何もしたくない時ってありますよね。   毎日毎日仕事に家事に育児。 果てしなくそれの繰り返し。   ちっこい娘にはそんな事愚痴っても仕方ないのに、誰かにわかって欲しくても友達と飲み …

シングルマザー、いくらあったら生きていけるか ~小学生編~

離婚しようと思っているんだけど、いくら位あったら生活していけるの?   たまにそういう相談を頂きます。 個人差も、地域差も、そして扶養する子供の数も大きく左右していくし、そういうのは正直一概 …

母子家庭、心の葛藤

私は21歳で妊娠、 22歳で結婚と出産、 そして(恐らく)25歳で離婚をした。 世の中の若いママから見れば指を差して笑われてしまいそうなんだけど、 それでも恥を忍んで言おう! 世間一般的な出産年齢から …

no image

離婚して得たもの

離婚して得たモノ。 自由!   私は小さい頃からいわゆる「優等生」で、 成績優秀、 品行方正、 地味で目立たない線路の上を歩くつまらないオンナでした。   離婚した時、 その大きな …

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』
【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー