時々パパまでやっています(-_- )  シングルマザーの奮闘ブログ!

人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。

娘のこと 母子家庭の奮闘

親として、子供に1番教えたいこと

投稿日:28/02/2017 更新日:

娘の挨拶は良く褒められます。

以前住んでいたマンションの階下のおばちゃん。
引っ越す旨を伝えると、
「娘ちゃんのあの元気な挨拶が聞こえなくなるのかと思うと寂しいわねぇ。。。」
とホロリ。

毎朝出勤していくおばちゃんを、
学校に向かって走っていく娘が追い抜き様に、
「おはよーございまーす!! 」
と声をかけていたんだそうです。

その声に毎日元気を貰っていたよ、
とおばちゃん。

交通安全の見守りをしてくれているママさんの井戸端会議を、
「おはよーございまーす!! 」
と割って入るのは娘の密かな楽しみなんだとか。

「みんなね、話に夢中だから大きな声で言うとびっくりするの・笑」
と・・・苦笑。

そうね、
安全指導の時は見守って貰いたいものね。
いくらでも驚かせてちょーだい!

そして、
これは小学校2年生の時、
まだ私が交通安全の見守りの所まで娘を送っていた頃、
「あれ・・・確か娘ちゃん・・・だよね? 」
と見守りのお母さんに声を掛けられました。

明らかに高学年のママで、
私には面識がなく、
娘とどこに接点があったのか全然覚えがありませんでした。

「そうですけど・・・あの・・・? 」
聞き返すと、
「あのね、この前のPTAのイベントの時、娘ちゃん託児室に来たじゃないですか。その時保母さんやってたのが私です^^ 」
と。

「娘ちゃんの事、よく覚えてるんですよ。あそこでちゃんと挨拶して教室に入ったの、娘ちゃんだけでしたからね」

娘は幼稚園時代、本当に挨拶の出来ない子でした。
恥ずかしがり屋で引っ込み思案な娘は、
いつも黙って私の後ろに隠れていました。

私は毎日そんな娘と手を繋いで幼稚園に行き、
擦れ違うお友達に「おはようございます」と声をかけ、
同時に声をかけずに黙って素通りする娘を叱りました。

「あらあら・・・ごあいさつをちゃんとしなくちゃダメじゃない」
なんて優し気な感じではなく、
「きちんと挨拶をしなさい! 」
と怒りました。

挨拶は強制でされるものではないと誰かは言うかもしれませんが、
我が子はこれから「人」と「人」の交わる場所で生きていこうとしています。
そんな中に入ろうとしている子を、
挨拶の出来ない子にはしたくありませんでした。

挨拶って、人と人が向き合う最初の起点です。
難しい話や気の利いた話題が振れるか振れないかは色々小難しいものが必要ですが、
挨拶する事だけは誰にだって出来ます。

それが出来るか出来ないかで、
その後の「人と交わる人生を送る」彼女の道が、
大きく変わると思っていました。

3年間続きました。
明朗快活に「おはようございます! 」と言えるクラスメイトを尻目に、
我が子は最後まで率先して挨拶をする事が出来ず、
その度に、
「きちんと挨拶をしなさい! 」
と私に怒られていました。

娘がちゃんと挨拶が出来る様になったのはその後でした。

知らず知らず、自然に言葉が出るようになり、
次第に、
「よく挨拶の出来る子ね」
と褒めて貰える事が増えました。

褒めて貰えると、人間は誰でも嬉しい。
嬉しい気持ちは、
人にもう一度同じ事をしようと言う気持ちを抱かせてくれます。
彼女は挨拶をして褒められる事が嬉しく、
率先してやるようになりました。

そのうち、それが自然に出来る様になり、
褒められるとか褒められないとかに関係なく、
当たり前のように口を突くようになりました。

にこにこ挨拶が出来る子になったおかげで、
周囲の方も良く目をかけて下さり、
「今日娘ちゃん○○公園にいたね」
とか、
「あ、娘ちゃん! どこに行ってたの? 」
とかご近所に声をかけて貰う事も多くなりました。

フルタイムで仕事をしているので彼女の頃を四六時中見守ってやれない私は、
そういうご近隣の見守りを非常にありがたく思っています。

挨拶をされて不快に思う人間はいません。

小さい頃の娘には多少無理をさせたかもしれず、
昨今の子育て事情では非難も受けるような気がするのですが、
私はそれでも彼女がしっかり挨拶が出来る子になってくれて良かったと思っています。

-娘のこと, 母子家庭の奮闘
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

娘のカンニング事件、親としては怒るべきなのか?

明けましておめでとうございます。 お正月休みに入りバタバタしている内に、すっかり年が明けてしまいました。 今年も楽しくブログ更新していきたいと思います♪ 何卒よろしくお願いいたします^^   …

一人っ子である娘に妹が欲しいと言われたシングルマザーRoroの切り抜け大作戦

幼稚園生だった頃、 娘に 「いもうとがほしい! 」 と言われた。   Σ( ̄□ ̄;)ガーン   まさかまさかまさか。 娘が弟妹を欲しがる日が来るなんて、、、 あたしには青天の霹靂 …

生きててごめんなさい、と娘からラインが来た件

Roroのシングルマザーブログへようこそ!       現在、思春期反抗期大爆発中の娘>< 夏休み中です。。。。   親の生活は全く変わらずフルタイムワーキング …

母子家庭、心の葛藤

私は21歳で妊娠、 22歳で結婚と出産、 そして(恐らく)25歳で離婚をした。 世の中の若いママから見れば指を差して笑われてしまいそうなんだけど、 それでも恥を忍んで言おう! 世間一般的な出産年齢から …

我が子が仲間外れに?! いじめ問題に立ち向かう

小学校に入学して順調に学童にも慣れ、季節もいくつか越えた頃の話です。   「一人ぼっちになっちゃうの」 ポツリ、娘が呟きました。     上級生♂が、 「他のやつは入れて …

【管理人Roroはこんな人】

シングルマザーRoro。シンママ暦9年目! すっかり古株・笑。25歳の時に「人間死ぬ気になればなんとかなるさ! 」と決意して離婚。 気付いたらドタバタで9年!Σ( ̄□ ̄;)
あんなに小さくて可愛かった娘も、 今じゃすっかり反抗期です。 四苦八苦、駆けずり回ってママにもパパにも姉にも妹にもなりながら12才の娘を育てるRoroの育児日記です♪ ぜひ見て行ってくださいね☆



Instagram

カテゴリー

Sponsored Link