娘のこと

気持ち悪い

投稿日:26/03/2017 更新日:

てんで言うことを聞かない。

少し前の私は、
娘に対してそういらいらしていた。

でも最近、
そうじゃないんだって気付いた。

 

娘の年齢は、
世の中の良い悪いを知らない年じゃない。

何をしたら怒られ、
何をしたら褒められるかを彼女は知っている。

 

そう。
知った上で動いている。

 

言ったことをやらないのは、
彼女がそれを出来ないからではない。
彼女がそれを望まないからで。

それをした方が良いことを知っているけど、
それをしたくない気持ちを抱えている。

そのハザマで、
彼女は思い、自身と相談し、葛藤し、
出た答えと行動に、
たまに自己嫌悪する。

 

 

ある日、
家に帰ると娘は不在で、
リビングのゴミ箱が倒れていた。

想像に難くない。
何かの拍子に蹴っ飛ばしてしまいそのままにしたのだろう。
もしかしたら急いでいて足が当たってしまったのかもしれない。

 

私はゴミ箱をそのままにして、
帰宅した娘に、
「あのね、こんな風に倒れていたら、ママは悲しいよ」
と言った。

娘は
「ごめんなさい」
と言いながら、
そのゴミ箱を元に戻した。

「ママに謝っても仕方ないから、ゴミ箱に言ってあげてね」
と言った。
娘はゴミ箱に、
「ごめんね」
と言った。

「いいよ。でもボクはキミと仲良くしていたいよ。倒されてそのままにされると心が痛いよ」
と声音を変えて私が答えた。

すると娘は顔をクシャッとさせて、
ポロポロと泣いた。

「ごめんねぇ! 」

 

え?!

 

泣いちゃったよ!!
∑(゜ロ゜ノ)ノ

 

こちらは軽い気持ちだったのだけど、
思いの外娘の心にクリティカルヒットしてしまった。

 

あぁそっか。
娘は今、
こんなにも心が敏感に感じやすいのか。

こんな多感な時期に、
ガミガミと鋭い言葉を乱暴に投げつけられたら、
子供の心の扉はどんどんと重く開かないもになっていくだろうと私は思った。

ぎゅぅっと抱きしめてやると、
「なんだか気持ち悪い・・・」
と呟いた。

 

「具合悪いの? 風邪? 」
と聞くと、
娘は首を振って、
「違うの。心がモヤッとするの。なんだか気持ち悪い」
と。

 

そういう時期。

ゴミ箱を蹴飛ばしたのは自分なのに、
身勝手に傷ついて涙が出る、
本当に自分勝手なこの時期。

とげとげしているハリネズミな娘の心。

 

それでもいいよって、
言ってあげられる親になれたらいいなぁ。

 

-娘のこと
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーと反抗期、思春期の娘は辛い>< の巻

ちょっと愚痴らせて下さいね。 今朝、12歳の娘と大ゲンカして家を出てきました。 思春期女子との戦いはコチラ↓にもありますので、よかったら読んでやって下さい>< (生きててごめんなさい、と娘からラインが …

怒りに愛を!

私の住むマンションは、敷地内で落とし物があると掲示してくれます。 毎日なんとなーくそれを眺めながらエレベーターが来るのを待つのが日課なのですが、先日、ふと見覚えのあるものが掲示されていました。 &nb …

シングルマザーRoroの、「小1の壁をぶち壊そうとし過ぎて失敗した」話

私は娘の小学校入学とほぼ時を同じくしてパート社員から正社員になりました。 勤務時間も内容の密度もぐっと増す事がわかっていたので、今までより子供の為に割いてあげる時間が少なくなるだろう事をかなり危惧して …

小学校入学! 学用品は賢く買いましょう大作戦

そろそろ卒業&入学シーズンの到来です^^ 新しい場所での出会いに期待と不安が入り混じりつつ、一方でママは準備に追われる毎日ではないでしょうか。   かくいう自分も我が子の中学校入学に …

中学生になったら、「一緒に家を守る」視点でいけば良いのだと気付いたお話

娘、中学生活にも幾分慣れ、すっかり満喫しています^^ 中学生生活を満喫してくれるのは大変喜ばしい事なんですが、ピンと張り詰めた4月の頃とはまた少し打って変わり、最近は適度に力も抜けて、ダラダラする事が …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー