母子家庭の奮闘 離婚の迷路

離婚して得たもの

投稿日:31/03/2017 更新日:

離婚して得たモノ。

自由!

 

私は小さい頃からいわゆる「優等生」で、
成績優秀、
品行方正、
地味で目立たない線路の上を歩くつまらないオンナでした。

 

離婚した時、
その大きな枠から外れた事を、
どこかで嬉しく感じていた自分がいました。

いろんな人から、
「Roroちゃんは本当に良い子よね」
とか、
「しっかりしているよね」
と言われる事は嬉しくもあったけれど、
どこかでそれを、
「そうでなければいけない」
と思い込んで窮屈に感じていた自分がいたのです。

 

 

 

だから私は、
今、
色々な物事を決める時、
「自分がやりたい事はどんな事だろう? 」
そう考えるようにしています。

 

自分に言い訳をしない生き方。
離婚した事で、
レールからはみ出た事で、
やっと得る事が出来たモノ。

 

人によっては「なんだそんなこと」。
と、思うかもしれないけれど、
私はなかなかその枠組みからはみ出る事が出来なかった。

親が悲しむ顔を見たくなかった。
と言えば聞こえがいいが、
褒められる事が大好きな私は、
多分、
呆れて見捨てられてしまう事が怖かったんだと思う。

「がっかりだよ」
そう言われたくなかったのだと思う。

 

事実離婚するかもしれないと思った時、
私が一番に考えたのが
「親になんていおう」
だった。

いつまでも囚われていたんだろうな。

 

人の性分は変わらないから、
私は今でも親の目を気にしている部分があるけれど、
それでも離婚した事で、
その視線があまり気にならなくなってはきた。

私は私。
私がやりたいことを探していい。

そう思えるようになった事が、
離婚して得た一番の収穫だったように思う。

 

「離婚してよかったか? 」
私はこの問いにはいつも心から答える事が出来ない。

だって、
離婚しないで幸せになれる道があるなら、
私はきっと今からでもその道を選びたいもの。

ママが居てパパが居て、
そしてかわいい娘がいる。

そんな家族としての幸せを娘に味わせてやりたい。

 

でも、
うちにはそんな選択肢がなかった。
結婚生活を続けて行く事が出来なかった。

 

だから私は、
いつもそこから考える。

なるべくしてなった、母子家庭。
そこから私は自由を貰って、
娘と二人で生きていく。

離婚して得たものは、
息がしやすい自由な生き方と、
離婚の現実を受け入れる事の寛容。

私はその2つが、
離婚した事で私の人生に与えてくれた、
大きな大きな贈り物だと思っている。

 

-母子家庭の奮闘, 離婚の迷路
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PTA役員を上手に乗り切るには?! シングルマザーRoroの秘術を大・公・開!

子供達が小学生、中学生になると避けては通れないのがPTA役員問題。   うちの学校はPTA主催で漢検や数検を開催してくれたり、朝の登校時の安全確保の見守り、フェスの開催など学校の子供達の為に …

母子家庭の現実は、何年経っても母子家庭であると言う事

先日担任の先生が、 「富士山に登った事がある人」 と聞いてきたそうです。 先生は登った事があるらしく、それについてお話をする導入部だったようなんですけども。   折りしも娘は小学校5年生の頃 …

二度と会えない代名詞が「パパ」だと言われて、私がホッとしたこと

先日、 「きつねの窓」 を学校で音読したと娘が言ってきました。 きつねの窓 (はじめてよむ日本の名作絵どうわ) [ 安房直子 ] 価格:1,296円 (2017/9/29 14:31時点) 感想(0件 …

我が子が仲間外れに?! いじめ問題に立ち向かう

小学校に入学して順調に学童にも慣れ、季節もいくつか越えた頃の話です。   「一人ぼっちになっちゃうの」 ポツリ、娘が呟きました。     上級生♂が、 「他のやつは入れて …

辛いなぁ、って思ったらどうする? 私はこうする!

シングルマザーって辛いですか?       なんでもかんでも一人でやらなくちゃいけない。 何かあっても頼る人がいない。 経済的にも不安定。   そう考えると、大 …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー