母子家庭の奮闘 離婚の迷路

離婚して得たもの

投稿日:31/03/2017 更新日:

離婚して得たモノ。

自由!

 

私は小さい頃からいわゆる「優等生」で、
成績優秀、
品行方正、
地味で目立たない線路の上を歩くつまらないオンナでした。

 

離婚した時、
その大きな枠から外れた事を、
どこかで嬉しく感じていた自分がいました。

いろんな人から、
「Roroちゃんは本当に良い子よね」
とか、
「しっかりしているよね」
と言われる事は嬉しくもあったけれど、
どこかでそれを、
「そうでなければいけない」
と思い込んで窮屈に感じていた自分がいたのです。

 

 

 

だから私は、
今、
色々な物事を決める時、
「自分がやりたい事はどんな事だろう? 」
そう考えるようにしています。

 

自分に言い訳をしない生き方。
離婚した事で、
レールからはみ出た事で、
やっと得る事が出来たモノ。

 

人によっては「なんだそんなこと」。
と、思うかもしれないけれど、
私はなかなかその枠組みからはみ出る事が出来なかった。

親が悲しむ顔を見たくなかった。
と言えば聞こえがいいが、
褒められる事が大好きな私は、
多分、
呆れて見捨てられてしまう事が怖かったんだと思う。

「がっかりだよ」
そう言われたくなかったのだと思う。

 

事実離婚するかもしれないと思った時、
私が一番に考えたのが
「親になんていおう」
だった。

いつまでも囚われていたんだろうな。

 

人の性分は変わらないから、
私は今でも親の目を気にしている部分があるけれど、
それでも離婚した事で、
その視線があまり気にならなくなってはきた。

私は私。
私がやりたいことを探していい。

そう思えるようになった事が、
離婚して得た一番の収穫だったように思う。

 

「離婚してよかったか? 」
私はこの問いにはいつも心から答える事が出来ない。

だって、
離婚しないで幸せになれる道があるなら、
私はきっと今からでもその道を選びたいもの。

ママが居てパパが居て、
そしてかわいい娘がいる。

そんな家族としての幸せを娘に味わせてやりたい。

 

でも、
うちにはそんな選択肢がなかった。
結婚生活を続けて行く事が出来なかった。

 

だから私は、
いつもそこから考える。

なるべくしてなった、母子家庭。
そこから私は自由を貰って、
娘と二人で生きていく。

離婚して得たものは、
息がしやすい自由な生き方と、
離婚の現実を受け入れる事の寛容。

私はその2つが、
離婚した事で私の人生に与えてくれた、
大きな大きな贈り物だと思っている。

 

-母子家庭の奮闘, 離婚の迷路
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貧乏だから文化資本を作れない! そんな迷信をぶっ飛ばす話

文化資本って知っていますか?   広い意味で言うなら、 「金銭によるもの以外の、学歴や文化的素養といった個人的資産」 を指す言葉です。 もう少し易しく言い換えると「豊かな経験を持っているかど …

ワンオペ育児を辛くさせない魔法の言葉

娘、11才。 当時そんなしゃれた言葉はありませんでしたが、 今振り返って思えば、 娘の乳幼児期はきっとワンオペ育児とやらだったと思います。   旦那さんは居ても仕事で夜遅く土日もない、 その …

再婚しない事が離婚した責任だと勘違いしてここまで来た

再婚した方が子供にとっては幸せだったんじゃないか・・・?   最近特にそう思います。 子供が小さい頃はそんな事まるっきり思いませんでした。 子供と私で100%家庭が満たされていたからでしょう …

パパが居ないと寂しいのか、と素直に娘に聞いてみた話

Roroのシングルマザーブログへようこそ!     先日娘に、 「ごめんねママ、わたしはやっぱり結婚したいかな」 と言われました。     えっと・・・? いつ …

デキる女になる! 無資格でも妙齢でも欲しがられる人材になるHow to講座

デキる女! と聞いて何を連想しますか?   バリバリのキャリアウーマン? 弁護士、薬剤師などのハイスペックな有資格者でしょうか??     残念ながら私は、そんな人には逆 …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー