日々の節約生活

家計簿を続ける事に意味なんて無い

投稿日:27/04/2017 更新日:

Roroのシングルマザーブログへようこそ!

 

 

 

度々、

「家計簿ってさぁ・・・続かないんだよね>< 」

と言う愚痴を聞きます。

 

 

確かにね。

 

細々しているものを逐一記入して、自分なりに仕訳して、電卓叩いて集計して・・・。

 

結構メンドクサイ><

 

 

でも私は思うんです。

家計簿って、そんなに続けなくちゃいけないもの?

 

 

日々の生活が一変することって人生においてそうないのだし、そしたら毎月毎月ほぼ同じ様な事を繰り返しているのに、どうして毎月毎月事細かに仕分けていかなくちゃいけないんだろう??

 

 

 

だから。

「続かない」と言ってくる友人にはいつも、「続けなくていいよ」と言っています。

 

 

Sponsored Link



 

家計簿って、一ヶ月のお金の流れを把握するのが目的じゃない。

 

だからそのお金の流れを掴んだら、意味もなくダラダラとやる必要はないと思うんですよね。

 

例えば一ヶ月大体10万で生活してんだなってのが家計簿を通してわかったら、後はその生活を真似して次の月を生きればよい。

ざっくり10万以内で収まれば家計簿をつけなくてもOKだし、ちゃんと理解して「必要だ! 」と思って10万を超えるもまたOKなんだと思う。

 

家計簿をつけることが必要な時って、
「あれ? 」
「おかしいな」
って感じた時なんだと思うんですよ。

実際の支出と自分の思っている支出にズレが生じた時、その時、そのズレを明確にする為につけるものなんだと思うんです。

 

 

だから。

本当に苦手な人には、
「まずは3ヶ月」
と言います。

1ヶ月目はフツーに生活して原因を究明して、2ヶ月目は予算立てをしてその予算で収まるか試算して、3ヶ月目で軌道に乗ったらそれでオシマイ!

 

出来れば半年とか1年続けられると他にも色々な事が見えてくるとは思うのだけど、でもそっから先は「家計簿をつけるのが楽しい」って人だけやれば良いと思います。

 

 

勿論「家計簿」専用のノートを買う必要もありません。

フツーの大学ノートで十分!

 

そしてまた結婚や出産、子供の入学や自身の転職とか、そういうライフスタイルが変わる時だけまた始めれば良い。

 

 

私に相談に来てくれる人にはそう説明します^^

そう考えると、気持ちがちょっとは軽くなりませんか?

 

今日はそんなお話でした♪

 

Sponsored Link



↓力強いシングルマザーさん達が沢山います^^

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

-日々の節約生活
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金はありません

お金はありません。   海外旅行に行ったり、マイホームを購入したり・・・。 そういうことをしていると、よく 「お金持ちだね」 とか 「誰か助けてくれる人がいるの? 」 と冗談交じりによく聞か …

映画のお供にポップコーンは贅沢? 数年前は買わなかったそれを今は買うようになったワケ

先日、リメンバー・ミーを観てきた話はしたかと思います。 →(パパがいないと言う事をすっかり忘れた間抜けなシングルマザーのお話)   実は今度は「ちはやふる~結び~」を観て来ました! &nbs …

知らないと損!! 医療費控除は10万円を超えなくても受けられる!

Roroのシングルマザーブログへようこそ(*^^*)     年末調整に向けて、多くの人が所得税に関心を寄せている頃ではないでしょうか。 年末調整を制したい人は、ぜひこちらの記事も …

お金がない!! まずは出来る事を何でもやってみた私の話

Roroのシングルマザーブログへようこそ!!!       薄給シングルマザーのRoroは常日頃お金がありません>< 「何かしっかりしてそうだし、余裕そうだよね」 と時々 …

昇給と保険等級を上手に乗り切れ!

Roroのシングルマザーブログへようこそ!     通常、健康保険料と厚生年金保険料というものは、通勤費を含めた全ての給料を保険料の表に当てはめて算出します。   例えば …

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』
【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー