時々パパまでやっています(-_- )  シングルマザーの奮闘ブログ!

人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。

娘のこと 母子家庭の奮闘

我が子が仲間外れに?! いじめ問題に立ち向かう

投稿日:14/07/2017 更新日:

小学校に入学して順調に学童にも慣れ、季節もいくつか越えた頃の話です。

 

「一人ぼっちになっちゃうの」
ポツリ、娘が呟きました。

 

 

上級生♂が、
「他のやつは入れてやるけどお前だけは入るな」
と娘を仲間外れにし始めました。

 

身体も大きく快活で元気なその子に誰も逆らえず、一緒に遊んでた友達がみんなそちらに入ってしまって一人になっちゃう。
との事でした。

 

 

周囲にもリサーチした所その子に嫌がらせを受けた学童の同級生は何人か居て、その子達はことごとく学童を辞めたとか・・・。
ターゲットが消失する度に新しいターゲットを見つけ、最後に我が子に目をつけたみたいでした。

 

 

Sponsored Link



 

 

難しい問題です。

 

あからさまにずっと無視をされ続けたり、仲間外れにされ続ければこちらとしても対応の仕方があります。

相手の親にも一言言ってやれるし、教育委員会、区議会、どこにだって出てやります。

 

 

その辺がドラマと現実の違う、難しい所ですね。
仲間外れにされる時もあれば、仲良く遊べる日もある。
そもそも異学年の異性と言う事で接点自体が少ない。

 

相手の気まぐれで嫌がらせを受ける時もある、と言う程度の問題でした。

 

 

 

 

娘は元々引っ込み思案でおとなしく、何をするにも時間がかかりました。

要領良く立ち居振舞えない娘は、幼稚園時代もちょいちょいそのような嫌がらせを受けた事があり、私自身も時間がない時など娘にイライラする事も多かったので、相手の子の気持ちがわからないでもない。

 

娘には大変申し訳ないのですが、実はそう思う節もあったのです。

 

 

ちょっと位悪口を言われても例え少し位仲間外れにされても、そんなものは集団で生きる人間には付いて回る業のようなものだ。

大人同士でさえそういうことがなくならないのだから、まだ未熟な子供にはもっとあったとしてもそれは仕方ないんだ。

 

最初はそう言い聞かせてしまいました。

 

 

 

そして正直に告白すると、私の中に虚栄心があったのです。

ただでさえ貧困母子家庭のまともに両親揃った家庭でないのに、このような些細な事でギャーギャー騒ぐ我が家を先生はどう思うだろう、と。

 

確実に自分の保身ですよね。
親として情けなかったな、と今になって思っています。

 

 

 

でも、そんなある日、私はふと思ったのです。

 

だから娘は嫌がらせをされても仕方ないんだ。
そういうものなのだろうか?

 

そんな性格なのだから、娘は嫌がらせをされても仕方ない。

私がそう言ってしまったら、誰が彼女を支えてやるのか。

 

 

度重なる嫌がらせが些細なことかどうか。

それは私が決めることじゃなかったのに、私は取るに足らないことだと決めつけてしまっていました。

 

 

 

娘が一日の大半を過ごす環境。
そこが居心地が悪いという現実。

それを「ほんの些細なこと」だと言う母

 

 

娘の立場になって思えば、それは随分と酷いことだなと思いました。

 

 

それに親である私がそう教えると言う事は、

「変わらない現状は諦めなさい」

そう教えているようなものだと気付きました。

 

 

 

そうじゃないだろうッ!!!!

 

私はすぐに学童の先生に連絡を取りました。

 

頻繁ではないにしろ娘がそこで仲間外れなどに遭い、心を痛めていると。
そこは娘にとって長くを過ごす場所で、そこが居心地が悪いとなると、娘は沢山の時間「苦痛」を感じてしまう。
と。

 

こちらは逐一報告させて頂きますので、どうか気をつけてみてやって頂けますか、と。

 

 

 

同時に娘にも言いました。

嫌なことを自分の口で嫌だと言えないと言うことは、友達に自分の気持ちが伝わらないと言うこと。

貴方は嫌だと大きな声で言える努力をして欲しい。

それはきっと、これから先も大きな武器になる。

 

でもどうしても一人で戦えない時は、ママが味方になる。
先生にも言ってあげる。

だから、存分にもうだめだと思うまでは戦っておいで。
と。

 

 

 

それから先も、沢山ありました。

 

例えばとある男の子と一緒に遊んでた際に、

「こいつと遊んでるとお前まで仲間外れになるよ」

と娘にも聞こえる声でその子が言ってきた。
とか。

 

 

毎日「会議」と呼ばれる話し合いが行われるのだけど、自分だけその話し合いに参加する資格を与えられない。
とか。

 

「会議」は会員制になっており、選ばれた人間しか参加する事は出来ない。
娘の周囲の友達も最初は入れなかったのだけれど、段々娘以外の子達は会員にしてくれるようになり、最終的には娘だけその会議に入れない。
との事でした。

 

この辺はなんとなく組織だっていてイヤな感じがしたので、詳細を先生に報告し、「会議」と言う集団を瓦解させました。

 

 

イタチごっこのようですが、何か嫌がらせを受ける度、娘がそうやって私に何かを訴えて来る度に、全部先生に報告し、対応を求め、娘はこんな努力をしている、力が足りないところをフォローして欲しい、と訴えました。

 

 

その辺は低学年、先生が間に入ると一時的に収まります。

「いちいちチクるんじゃねぇ」

と娘は言われたりもしたそうですが、

「イヤな想いをしないなら、誰もチクらない」

と反論するように言い聞かせました。
(ちゃんと言えたかどうかは不明ですが)

 

 

同時に、娘にも考えさせました。
「その嫌がらせで嫌だったのは何か」
「どうしたら解決したか」

 

最終的にはいつも、
「そのいじめっ子が今更いじめてきた所で何とも思わないけど、周囲のお友達まで全部あっちに行ってしまうのが一番辛い」
との事でした。

 

 

なので、普段一緒にいるお友達にも、

「いつもはいじめてくる子より私と仲良くしているのに、そういう時、そうやって離れていかれるのが寂しい」

と言うような気持ちを出来るだけ伝えるような努力をさせました。

 

 

更に丁度良い機会なので、娘もどんなお友達で居てあげたら相手は娘と友達で良かったなと思うかと考えた方がいいと諭しました。

 

自分が嫌だと感じた事は人にはしない努力。
大事ですね。

 

 

そんなこんながあり、
「学童だけがアナタのいる世界ではない」
と言う事を示したかった事もあり、前回の日記子供に自由は必要?! うちは放課後を選ぶ権利を娘にもあげる事にしました に繋がります。

 

抜本的な解決が出来たかどうかは微妙ですが、時と共に上級生のいじめっこは卒室し、娘自身も上級学年になるにつれ、そのような問題はなくなっていきました。

 

 

この件については色んな想いが交錯し、大変な時もありましたが、
模索し、娘自身も考え、色んな事を学ぶ良い機会だったなと捉えるようにしています。

 

 

Sponsored Link



 

 

ちなみに最後まで、相手の親御さんには何も言いませんでした。

娘が何か身体的に傷ついたり、執拗な嫌がらせが途切れる事なく続くようであればその手段も考えましたが、結局そこまでエスカレートはしなかったので。

 

それに、言わなかったのにはもう1つ理由があります。

私は「我が子」が一番可愛く、それはどんな親御さんでも同じだと思っています。

そんな一番可愛い「我が子」を、よくわからない他人の親が「悪口をいってくる」「仲間外れにしてくる」と言った所で、その親御さんは、
「それは我が子が悪かった。誠心誠意謝りたい」
と思うとは到底思えなかったのです。

 

私が我が子を守りたいと思うように、その子の親御さんも、何かの手違いや、勘違いではないのか? そう思うだろうし、
「悪口をちょっと言う位、誰にでもあるじゃない」
と思ったとしても何ら不思議はありませんでした。

 

こちらとしてもその想いは理解出来ますし、暴力を振るわれたとか、娘が学童に行けなくなるような心の傷を負うとか、そういう決定的な事がない限りは黙っていようと決めていました。

 

学童の先生も誠心誠意私と娘の言葉に耳を傾けてくれましたしね。

 

結果的に、娘は成長するにつれて少しずつ自分の意見を言えるようにもなり、イヤな事はイヤだと言える様にもなってきました。

 

これから先、もっともっと難しく複雑な局面に立たされることもあるでしょうが、ぶつかったり転んだりしながら、一生懸命前を向いてくれる子になってくれたらいいなと思っています^^

 

Sponsored Link



 

力強いシングルマザーさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

-娘のこと, 母子家庭の奮闘
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供に自由は必要?! うちは放課後を選ぶ権利を娘にもあげる事にしました

小学校に入ってから、一人で留守番をする機会がぐっと増えました。   学童から早く帰って来たがったり、学童には行かずに自由に友達と遊びたがったり・・・。   段々と自由を求めるように …

シングルマザーと反抗期、思春期の娘は辛い>< の巻

ちょっと愚痴らせて下さいね。 今朝、12歳の娘と大ゲンカして家を出てきました。 思春期女子との戦いはコチラ↓にもありますので、よかったら読んでやって下さい>< (生きててごめんなさい、と娘からラインが …

奨学金が借金なら借りない方がいい? シングルマザーはこの問いに反論する!

先日、兄にお願いをしてきました。 「高校生になったら、娘の奨学金を借りようと思っている。親以外に保証人が必要になるのだが、なって頂けないか」 と。     うちは奨学金を借りるつも …

シングルマザーが辛い現実に直面した時! 私はいつもこうやって対処しています

離婚して9年。 今はどうにかこうにか笑っていますが、笑えない現実に直面した事なんて星の数ほどあります。       私は基本的にマイナス思考で、人を妬んだり羨んだりしてい …

養育費を貰う度にストレスを感じる・・・

Roroのシングルマザーブログへようこそ。     先日1年ぶりに元旦那さんと連絡を取りました。 「養育費の時期ですよ。振込みをお願いします」 って。   我が家は1年分 …

【管理人Roroはこんな人】

シングルマザーRoro。シンママ暦9年目! すっかり古株・笑。25歳の時に「人間死ぬ気になればなんとかなるさ! 」と決意して離婚。 気付いたらドタバタで9年!Σ( ̄□ ̄;)
あんなに小さくて可愛かった娘も、 今じゃすっかり反抗期です。 四苦八苦、駆けずり回ってママにもパパにも姉にも妹にもなりながら12才の娘を育てるRoroの育児日記です♪ ぜひ見て行ってくださいね☆



Instagram

カテゴリー

Sponsored Link