時々パパまでやっています(-_- )  シングルマザーの奮闘ブログ!

人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。

娘のこと

生きててごめんなさい、と娘からラインが来た件

投稿日:01/08/2017 更新日:

Roroのシングルマザーブログへようこそ!

 

 

 

現在、思春期反抗期大爆発中の娘><
夏休み中です。。。。

 

親の生活は全く変わらずフルタイムワーキングなのに、それに加えて娘の分の毎日のお弁当作りが追加され、かつバケーションを満喫している娘の生活態度はここには書けない程に酷い有様。

散らかし放題の家を朝の短時間で出来る限り掃除をしても、仕事が終わって帰ってくれば昨日の夜より酷い!

そんな散らかし犯人はのほほんと遊び三昧。

 

 

最初のうちはそれでも我慢しましたよ。

常日頃一生懸命頑張っているのだから、たまにはそんな怠惰な生活も許してあげようって。

 

でもさ。

こう毎日だとさすがにイライラしちゃいます。

夏休み中これじゃぁ、私の精神力がもたない!!

 

我慢の臨界点を超え、朝ケンカをしました・涙。

 

 

Sponsored Link

 

だって昨日、

「明日は学校のプールに行く」

と言ったのに、

朝起きたらめっちゃダラダラしてて、

「やっぱ、今日は行くのやめておこうかなぁ」

とか言うんだもん。。。。

 

 

学校のプールは任意ではありますが、特別な予定のない場合はなるべく出席して下さいと言うお手紙が回って来ています。

でも、女の子はそれにしたって色々な事情で来たり来なかったり、友達との兼ね合いがあるのも一応は理解しているつもりですよ。

だから四角四面に「絶対に行きなさい」とは言っては居なかったし、「行きたくないなぁ」と言う日は明日はちゃんと行くと言う約束でお休みを許してあげたりしていました。

 

そ・れ・な・の・に!!!?

 

 

でも、わかっていますよ><

こんな言い訳しても、その事自体は些細な事ですよね。。。

 

 

 

「わかったよ」と流してあげれば良かったなと今は思っています。

でもなんか、その時は自分もイライラしていて歯止めがききませんでした><

 

 

 

相手の言い訳をピシャリと切り捨て、

「絶対に行けッ! 」

と怒鳴って仕事に行きました。

それでも通勤途中にポンポン来るラインには「本当に行きたくない」やら「疲れてる」やら「足が痛くて学校まで歩くのが辛い」やら・・・・。

 

その1つ1つを読む度にイライラがまた募っていき、

「うるさいです」

と一言返しました。

 

 

Sponsored Link

 

 

結果、

こんなラインが来ました。

 

 

なんだって?! ><

 

 

 

私はショックでしばしボー然。。。

娘はこんな事を送りつけてくるタイプじゃなかったハズなんだけど・・・

 

プールに行く、行かないの話から、娘は自分の存在理由そのものを否定する発言を放って自分の殻に閉じこもってしまいました。

 

 

 

いや、私も大人ですからね。

きっと本心で言ったわけではないだろうなって事はわかっていました。

きっと売り言葉に買い言葉なんでしょう。

 

でも、そう言わせてしまった自分が・・・凄くショック><

 

 

 

 

感情の振り幅がデカい、思春期反抗期。

まして今娘は大きなチャレンジを控えて少しナーバスになっている真っ最中。

 

プールの件は100パーセント娘が悪いと思う気持ちは変わらないのですが、親としてちょっと対応が悪かったかな・・・。

もう少し寄り添った言い方をすれば良かったと後悔です。

 

 

 

Sponsored Link

 

結局、自分が落ち着くためにも一旦15分ほど時間を空けて、

「あなたが本当に心の底からママに伝えたかったのはどれ? 」

と聞きました。

 

もしも。

「生きててごめんなさい」て言うなら一緒に死んであげるよ。
つきあうよ。

「今存在があってごめんなさい」って言うなら、あなたじゃなくて私があなたの前から存在を消すよ。

「生まれてきてごめんなさい」って言うなら、子供にそんな事を言わせる親である責任を取って私が死ぬよ。

 

そう言ったら、すぐに

「プールに行かなくてごめんなさい、言い過ぎました」

と返って来ました。

 

 

「ママは大人だからあなたより少しだけ遠い未来を予想することが出来るんだ。出来れば耳を傾けてね。あなたを幸せにしたいよ」

と言ったら、最後は頷いてくれました。

良かった。

 

 

思春期の入口・・・
本当に繊細ですね><

力強いシングルマザーさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

-娘のこと
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学生のお小遣いはいくら? お金は大切である事を知って欲しくて我が家はこんな方法を取りました!

Roroのシングルマザーブログへようこそ★       私は、お金は大切である事を子供にわかって欲しいとずっと思っていました。   だからうちは、おもちゃ売り場 …

子供に自由は必要?! うちは放課後を選ぶ権利を娘にもあげる事にしました

小学校に入ってから、一人で留守番をする機会がぐっと増えました。   学童から早く帰って来たがったり、学童には行かずに自由に友達と遊びたがったり・・・。   段々と自由を求めるように …

子供と話す、子供の話。~ママは私を産むかどうか悩んだりした? ~

某テレビドラマを一緒に観ていて、そこに17歳の妊婦さんが出てきました。 お腹の子の父親は不明。     当然妊婦さんの親御さんは生む事に反対します。 親御さんはいかに子供を育てる事 …

子供が大きくなるとお金がかかる! その言葉を信じてなかった私の失敗3つ

娘がまだ幼稚園児だった頃、 「お金を貯めるなら今のうちだよー、大きくなるとホントお金がかかるからねぇ」 と先輩ママに言われていました。   確かに、勉強がついていけなければ塾に入るだろうし、 …

思春期娘にどうしてもわかって欲しかった~死ぬってことの真実~

「死」と言う漢字はそんなに難しくないですよね。 「一」を書いて、「タ」と「ヒ」を書くだけで完成する。   それなのに、 「なんで3年生で習うの? 」 と当時娘に聞かれた時、 「死って書くのは …

【管理人Roroはこんな人】

シングルマザーRoro。シンママ暦9年目! すっかり古株・笑。25歳の時に「人間死ぬ気になればなんとかなるさ! 」と決意して離婚。 気付いたらドタバタで9年!Σ( ̄□ ̄;)
あんなに小さくて可愛かった娘も、 今じゃすっかり反抗期です。 四苦八苦、駆けずり回ってママにもパパにも姉にも妹にもなりながら12才の娘を育てるRoroの育児日記です♪ ぜひ見て行ってくださいね☆



Instagram

カテゴリー

Sponsored Link