戯れ 日々の節約生活 母子家庭の奮闘

ハロウィンパーティーをやろう! シングルマザーこそ主催した方が良い3つのメリット

投稿日:24/10/2017 更新日:

Roroのシングルマザーブログへようこそ!

 

 

 

我が娘は絶賛ハロウィンパーティーの準備中!

何週間も前から少しずつ飾りを作り、あーでもないこーでもないと構想を練っています。

凄く凄く楽しみにしている様子。

 

 

 

親である私は、まぁ、ぶっちゃけてメンドクサイですよね・笑。

貴重な一日をそれで潰すわけですから、私はとても面倒です・苦笑。

 

 

じゃぁなんでそんな事するの??

いや、ちょっと色々思うことがあるんですよ。

(純粋にパーティーを楽しんで欲しい気持ちはちゃんとありますよ! )

 

 

Roroがメンドクサイと思うハロウィンパーティーをわざわざ開催するワケ!

ぜひ読んでみて下さいね☆

 

 

Sponsored Link



メリット1 ディズニーランドと同じなら、ハロウィンパーティーの方が低コスト!

 

割と誤解されがちなのですが、家族サービスをしてあげよう!! と思い立つと、

「さて、どこに行きたい?? 」

と言う話になります。

 

ディズニーランド!

ユニバーサルスタジオジャパン!

レゴランド!!

 

楽しい施設は沢山ありますが、ぶっちゃけどこも高いですよね・苦笑。

とてもじゃないけど毎週連れて行ってあげるわけにはいきません><

 

そんな大層な所に連れて行ってあげることは出来なかったとしても、近場のボーリングにしたって映画にしたって、行けば数千円は覚悟しなくてはならないでしょう。

毎週そんな散財をしていたら、我が家は間違いなく破産します!

 

 

 

そこで出てくるのが「おうちパーティー」なんです。

10月はハロウィンパーティーですね!

 

お家パーティーは実に低コスト!

まず1週だけでは終わりません!

 

ボーリングや映画は数千円をかけてたった1日を満喫しますが、お家パーティーは呼ぶ友人を決め、声をかけ、飾りなどを作ったりお部屋を片付けたりの諸々の準備で少なくても2週間は必要。

その間どこに行く計画を立てる必要もなく、これから始まるパーティーの準備の為にわくわくドキドキしながら1日を満喫することが出来ます!

 

 

飾りもお料理も、呼ぶ人数によりますが、子供数人分と考えればボーリング代や映画代と大差ないのでは?? と思います。

そしたらそのお金で1日どころか準備の数週間も満喫出来、しかもランチ代込みなんてどれだけコスパが良いのでしょう!!!

 

 

 

 

我が家は毎年私と娘で企画して色々準備をしていましたが、今年初めて私の代わりに娘の友達を幹事に抜擢しました。

日にちだけ決めて、後は二人に丸投げ。

 

最悪何も出来なくてもお菓子とランチの支度があって、友達同士でわいわい出来ればそれはそれで楽しいかな?? と思っていましたが、思いの外二人ともしっかり準備している様です。

 

招待状を作ったり、参加者のアレルギーや嫌いな食べ物を聞いて私に報告してきたり、飾りを二人で相談しあったりと、とても楽しそうです^^

やろう!

と決めたのは10月の始めなので、かれこれもう3週間??

ずっとあーでもないこーでもないと色々準備しているみたいです。

 

ちなみに、

「どこか行きたい所ある?? 」

と週末になると娘に聞くのですが、

「準備したいし家にいたい」

と帰って来ること3週間・笑。

 

ありがたいです。

 

 

 

 

Sponsored Link



メリット2 いつもは作れない借りをここで作っておく

 

私はしがないシングルマザーです。

そしてフルタイムのワーキングマザー。

子供の為に出来る事などたかが知れています。

 

反して専業主婦さん達の母力は偉大です。

子供の帰宅時間に家に居てあげる事も、些細な変化を敏感にキャッチする事も、学校の動向に目を配る事も彼女達には標準装備されている。

 

子育てにおいて、こんな頼もしい味方はいないわけです。

 

 

そんな専業主婦さん。

その気になれば、うちの子が誰にどんな意地悪されたかとか、うちの子がクラスでどんな風に振舞っているとか、彼女達の抜群のアンテナは逐一拾って来てくれます。

足しげく学校に通い、ママ友とランチを共にしなくても、我が子と我が子を取り巻く環境がどんなものであるか、かいつまんで知ることが出来る。

 

 

こんなに有益な事はないでしょう。

その感謝の意味を込めて、パーティーを主催します。

 

 

兄弟が居て、自分の家でパーティーをする事が出来ないご家庭のママはとても喜んでくれます。

普段娘が遊びに行かせて貰っているお宅に何も返す事が出来ないお礼も兼ねて、たまには私が頑張る番かな?? と思っています。

 

 

そうする事で、また私が困った時はきっと助けてくれる。

そういう関係が築けていくと思うのです。

(次に助けてくれるのを狙ってパーティーを主催すると言う意味ではないですからね>< )

 

 

勿論、パーティーに出席するのは子供達だけです。

親子でパーティーと言う方法もありますが、私は前から言っていますが人見知りだしお料理も得意じゃないので、誤魔化しの利く子供だけを呼ぶ事にしています。

そうすればスープとサンドイッチと冷凍食品でも事足りるからね・笑。

 

フルタイムワーキングシングルマザーRoro(長! )はお料理スキルはスライム並です。。。orz

 

 

 

 

Sponsored Link



メリット3 企画力、推進力、リーダーシップを学べる

 

毎度硬い話ですみません。

 

子供が色々考えて主催する事。

教育の観点から言えば、企画力、推進力、リーダーシップを学ぶ事が出来ます。

 

 

マイペースでおとなしい娘は、クラスでは誰かの後に黙々とついていく子なので、それらを学ぶ事は難しいでしょう。

しかし、家で自分がホストとなると話は別です。

逃れられない!

本人もパーティーがしたいから、一生懸命、試行錯誤します。

それって良い経験になりませんか?

 

 

勿論元々リーダーシップなど持ち合わせていない我が子。

うまく出来た試しはありません。

でも、丸っきりわからずに私に丸投げしていた昔に比べると、招待状には何を書けばいいか、パーティーの準備には何が必要か、色々考えるようになりました。

お勉強じゃないので完璧を目指す必要もないですし、そういう経験を通して少しずつでも企画力、推進力、リーダーシップを学んでいけるといいなと思っています。

 

 

 

まとめ

そんなわけで、我が家は定期的にパーティーを主催する事にしています。

ハロウィンパーティー、クリスマスパーティー。

3月はお別れ会、夏休みはパジャマパーティーと称してお泊り会など。

 

パーティーの数が多ければ多いほど、我が家のレジャー費はぐっと抑えられます・笑。

おかげで年に1回は旅行に行けるし、的を絞って盛大なお出掛けをする事も出来ます^^

 

 

そして大体呼ぶ子も来てくれる子も固まっていますが、ちらほら入れ替わりがあったりとかして、子供の交友関係を知る上でも割りと面白いです。

娘自体も普段「Roroの子供」としての娘しか見ていないので、「6年女児」としての顔が垣間見えて意外な一面が見えたりね。

そういうの、とっても貴重です^^

 

 

更に「パーティー」と言うと大層なご馳走が並ぶんじゃないの? 準備大変なんじゃないの?? と思われがちですが、本当に我が家のパーティーはそんなんじゃありません・笑。

サンドイッチにスープを用意して、後は冷凍ピザとか電子レンジでチンするピラフとか。

そんなんばっかり。

参加者のママさん達が気を遣って差し入れてくれるお料理の方が断然凝っていて素敵なものばかり・笑。

でもそれでも子供達は凄く楽しんで帰って行ってくれるので、それもアリじゃないかな☆

 

 

お部屋を片付けたり準備をしたりと大変な事もありますが、有意義なレジャーになることは間違いないですよ♪

オススメします!

 
↓力強いシングルマザーさん達が沢山います^^

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

-戯れ, 日々の節約生活, 母子家庭の奮闘
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーRoroの波乱万丈な転職記と、マイホーム購入までのあらすじ 2

前回の続きです。(前回のお話はコチラ)   収入が低過ぎて自分が納得する物件に手が届かず不貞腐れているRoro。 収入を上げるためには「短時間」正社員という枠を取っ払えば良いのですが、なかな …

私が娘と離れたがっているッ!? 焦った巣立ちの失敗談

先日父に言われた言葉に衝撃を受けました。   「Roroは、何をそんなに娘と離れたがっているの? 」     えっ?! ∑(゜ロ゜ノ)ノ     Sp …

隣の芝生は青い?! そう感じる時にぜひ読んで下さい

以前、娘の習い事(ピアノ)仲間であったママさんがこう言った事があります。 「うちの子、全然練習しないのよ」   その子はコンクールでも優勝する程上手な子。 同じ曲を弾いても、 「本当に同じ年 …

1日を48時間にしよう! 効率的な人になる徹底講座♪

人は誰しも1日24時間。 それは若い人でもお年を召した人でも、貧乏人でもお金持ちでも等しく平等です。     でもね。 家事が2時間かかる人と1時間で済んじゃう人は1日の長さが変わ …

それって本当に必要?! 節約の第一歩は常識を疑う事から始めよう、の話

娘が小さい頃、我が家に「箱ティッシュ」は存在していませんでした。 何故なら我が家の場合、ポケットティッシュで十分だったからです。   箱ティッシュを買うお金は1パック250円前後(Roro調 …

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』
【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー