母子家庭の奮闘

フルタイムワーカー&シングルマザーがどうやって専業主婦とお近づきになるか

投稿日:

日中フルで仕事していると、なかなかママ友さんって出来ないですよね。

 

「どうせ話も合わないし、ぶっちゃけイラナイよ! 」

なーんて思う人も多いと思いますし、実際私も要所要所で格差を感じる事が多々あります・笑。

 

ですが、個人的な見解で言えば、ママ友さんは居るに越した事はないと思っています。

自分がシングルマザーなら特に!!!

理由はコチラでも述べていますが、ママ友さんは我が子がいざと言う時に凄く頼りになるし、普段あまり学校と関われない私には貴重な情報源でもあるからです。

 

例えばうちの娘、学校で配られる手紙をなかなか出してくれません><

最近の出来事では、卒業アルバムに載せる個人写真の撮影日が書かれた紙を私に提出してくれず、危うく普段から着やすくてヘビロテしているヨレヨレな洋服に自分で結んだボサボサな髪形で登校させる所でした。

ママ友さんが気にしてラインをくれたので気付くことが出来ましたが、そうでなければ同級生達の中に一生残る娘の写真が残念な感じのものになってしまう所でした>< 笑。

セーフ!

 
 

顔を広く沢山ママ友を作るべし!! 

とまでは思っていませんが、何か困った時に気軽に聞ける間柄の方を数人作っておくと肩の力を抜いてママを楽しめるのではないかなと思います。

 
 

でも、日中フルタイムで仕事しているシングルマザーには、なかなか専業主婦さんとの接点は取りにくいですよね。

土日祝日が空いていても、あちらのパパさんもお休みでしょうしね。。。

 

今日はそんな状況で私が使った専業主婦さんと接点を作る方法についてお話出来ればと思います!

 
 

Sponsored Link



ノウハウ1 昼がダメなら夜を使う! 

 

当たり前ですけど、私は平日の日中は仕事です。

専業主婦さん達はやたらめったら平日の昼間に集まってお茶をしたりランチ会をしたり、ちょっと仲良くなるとバーゲンに繰り出したり映画を楽しんできたりしているようですが(聞いた話です)、私にはそんな事をやっている時間的な余裕はこれっぽっちもありはしません><

 

でも大概ママ友さんって、最初はなんとなーく幼稚園の送り迎えで会うようになって、ちょっと立ち話をするようになって、

「(立ち話もなんだから)良かったらウチ来る? 」

みたいな流れになるのがセオリーですよね。

 

そんな悠長な事をやっていられないフルタイムワーカーは、一体どうしたらいいんだろう?!

そう思いませんか???

 
 

そこで私は、夜を使うことにしたんです。

昼間は仕事でとてもじゃないけどそんな時間を取る事は出来ませんが、夜なら取れるかなって思って。

 

でも子供が小さいうちは夜に外出なんていうお誘い自体もあまり気軽には声をかけられません・・・。

 
 

そこで私が使ったのは、夏の花火です!!!

近所の公園に集まって、みんなで花火をわいわいやる会☆

 

これならどうしたって日中やるわけにはいかないし、声をかけやすいですよね。

日頃娘が幼稚園で仲良くしているママさんに、

「良かったら今週の金曜日に花火でもしませんか? 娘がやりたがってるんですけど、2人よりお友達とやる方が楽しいでしょうし」

と声をかけました。

1対1じゃなくて、数人に声を掛けるともっと声をかけやすいですよ^^

 
 

そんな会合で、わいわい談笑しながら、

「Aちゃん家はパパが土曜日仕事」

とか、

「Bちゃん家は水曜日はパパが帰りが遅い」

とかリサーチしておく。

 

「えー!! じゃぁ土曜日ぜひ遊びましょうよ! みなさん土日は家族団らんだろうなって思ってたから遠慮してましたー」

とか、

「え、じゃぁその日はご飯の支度しなくて平気ですか?? 今度ご飯一緒に食べませんか? 」

とかジャブ打って、連絡先を交換していました・笑。

実際に実現するママ友さんと実現しないママ友さんはいましたが、とりあえず突破口が見つかっていれば安心しますよね♪

 
 

ノウハウ2 率先してお手伝いをしておく


 

子供が幼稚園児だった頃なんかは↑上記の方法でママ友さんと交流をはかっていましたが、小学校になるとそういう手もあまり使えなくなります。

 

花火を親子でやって楽しんでくれるのもせいぜい低学年のうちでしょうからね。

今は我が子も花火の「は」の字も言わなくなりました・笑。

 
 

まぁそれまでに少しずつママ友さんは増えてきていたので今更そんなに目くじら立てて、

「ママ友を作らなきゃ!!! 」

と思う必要もなくなっていましたが、でも小学校に入れば我が子にも出身幼稚園外の友達も出来るわけで、交流するお友達が変わればやっぱり風通しはよくしておきたいと思う。

そこで再びママ友作りの始まりです。

 
 

でも小学校に入ったら、割と手っ取り早く交流を取れるようになりました。

それが、学校行事などの「お手伝い」ラインです。

時代ですよね。

凄く便利になったなと思います。

 

例えば今、私は卒業対策委員の1員として謝恩会の準備などを進めています。

卒対のメンバーさんは、卒対の話し合いや会議の日程を連絡したりするのにグループラインを作る事になりました。

グループラインなので、必然的にそのグループに属しているママさんの連絡先も入手出来る事になります。

 

ご飯を食べたり花火をしたりしなくても、連絡先をゲット出来る。

当然向こうにも私の連絡先はいっているし、私が向こうの連絡先を知っていても特別変だとは思わない。

 

お手伝いの集まりか何かの時に、

「うちの子、今仲良くさせて貰ってるみたいで、よく○○ちゃんのお名前家で出すんですよ。仲良くしてくれてありがとうございます」

と声をかけておく。

 

万が一トラブルが発生してもお互い親御さんの顔と名前は一致するし、連絡先も知っています。

勿論気が合いそうなら都合が合う時にお茶なんかしたりもしますけど、幼稚園の頃と違って子供同士は親が介在しなくてももう遊ぶようになってますし、小学生ママとしてはそれで充分じゃないかなって思っています。

 
 

Sponsored Link



まとめ

 

ママ友って別に必要不可欠だとは私も思っていません。

でもいざと言う時に同じ年の子を持つ、同じ学校やクラスに子供を預けている親という目線で物事を話しあえる存在は心強い。

 

仕事関係でも仕事をスムーズに回す為に心を砕く事はありますよね?

子供の学校関係も同じだと思います。

 

そんな捉え方でほどほどにママさんともお付き合いをしていけたら理想的じゃないかなって思っています。

 
 

力強いシングルマザーさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

-母子家庭の奮闘
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ママだけじゃダメ?

旦那さんは娘が2歳を迎えた直後に出て行きました。 娘と旦那はそれ以降ほとんど会っていません。 それについて私が「申し訳ない」と言う感情を持つ必要があると気付いたのは、 つい最近でした。 傲慢ですが、 …

母子家庭の現実は、何年経っても母子家庭であると言う事

先日担任の先生が、 「富士山に登った事がある人」 と聞いてきたそうです。 先生は登った事があるらしく、それについてお話をする導入部だったようなんですけども。   折りしも娘は小学校5年生の頃 …

もう何もしたくない!!! そんな時はどうしたらいい? Roroはこうやって乗り越えた! 話

何もしたくない時ってありますよね。   毎日毎日仕事に家事に育児。 果てしなくそれの繰り返し。   ちっこい娘にはそんな事愚痴っても仕方ないのに、誰かにわかって欲しくても友達と飲み …

幼稚園がしてくれた、ステップアップ父の日

娘が幼稚園に入園する年の1つ前の年に、 我が家は離婚が成立しました。 幼稚園時代を通して、 「シングルマザーの子供」 と言う立ち位置を模索した娘。 当事者の私でさえ、 色々な不安と漠然とした恐怖と戦い …

子供に自由は必要?! うちは放課後を選ぶ権利を娘にもあげる事にしました

小学校に入ってから、一人で留守番をする機会がぐっと増えました。   学童から早く帰って来たがったり、学童には行かずに自由に友達と遊びたがったり・・・。   段々と自由を求めるように …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー