娘のこと

思春期娘にどうしてもわかって欲しかった~死ぬってことの真実~

投稿日:

「死」と言う漢字はそんなに難しくないですよね。

「一」を書いて、「タ」と「ヒ」を書くだけで完成する。

 

それなのに、

「なんで3年生で習うの? 」

と当時娘に聞かれた時、

「死って書くのは簡単だけど、扱うのがとても難しいからだよ。簡単に軽く使う言葉じゃない。そういうの、1年生には理解できないでしょ。だから3年生になってしっかり考えられるようになるまで待つんだよ」

と言った記憶があります。

(真相は知りません・笑。持論です)

 

 

が、夏にとあるラインが送られてきた事から、

生きててごめんなさい、と娘からラインが来た件

いつかきちんとわかって欲しいなと思っていました。

 

この頃の娘もその周囲も、「死」と言う単語が今までより軽く扱われ、ちょっと身近に感じてしまうのですよね。

(死ぬ行為そのものを指すのではなく、軽口の延長となってしまうと言う意味です)

それは一過性のものだと言う事はわかっているし、私が娘くらいの頃も口にしていた子は沢山いました。

 

中学生になれば厨二病的な自殺願望者とか(本格的な欝病患者を除く)自傷行為をしている子など、色々なタイプの子に直面するでしょう。

 

でも私はそんな時に娘に、一緒になって「死」「死」と叫ぶ子になって欲しくはありません。

自らが湧き出た気持ちのはけ口としてどうしようもなくその単語を使うならいざ知らず、人に軽く同調して使うべき言葉ではないと思うんですよね。

 

だから先日、親戚の葬儀に出席した際に、お話をすることにしました。

今日はその話の内容を記しておきたいと思います。

 

 

Sponsored Link



死ぬとは、どういうことか

 

先日の親戚の葬儀。

実は娘は初めて身近な人の死というものに直面したのでした。

 

私が娘を産んだのは22歳の時。

既に私の祖父母は他界しており、出産直後は私の両親はまだ定年も随分先の年齢で、死とはおおよそ無縁な印象だったのですよね。

「死」と言われてもピンとこないのはある意味で仕方のないことなのかもしれません。

 

 

ですので今回、気軽に話し、一緒にご飯を食べ、同じ時間を過ごした思い出のある人間が亡くなると言う事を初めて経験した娘。

葬儀に参列をしましたので、厳粛な空気の中でもう二度と動かないその方の亡骸に手を合わせると言う体験をしました。

 

お通夜、お葬式を通して沢山の方の悲壮なお顔を拝見し、故人を偲んで涙される方の姿を見、出棺や火葬場での点火の際のなんとも言えぬ悲しい気持ちを味わった娘。

その胸中は、何とも言い難い気持だったのではないかなと思います。

さすがに帰路は言葉が少なかったです。

 

 

私はそこで言いました。

「あのね、人が死ぬってこういうことなんだよ。その人とは二度と話せないし、二度と会うことも出来ない。最近のあなたやあなたの周りには死って言葉がありふれてるけど、実際の死はそういう事なの。そういうのを知っている人間からしてみると、その言葉を使われる瞬間って随分と暗い気持ちになるでしょう」

娘は黙って頷いていました。

 

「だからね、死って言う言葉は本当に死にたいな、もう誰とも二度と話せなくていいし、誰とも二度と会う必要もないって思った時にだけ使うのがいいんだと思うよ」

と言っておきました。

 

娘の心にどこまで届いたかはわかりませんが、考えていてくれたらいいなと思います。

 

 

Sponsored Link



まとめ

娘もあの時以来そういうような事を口にする事はなくなっていたし、取り立てて記事にする事でもないかなと思いましたが、親戚が娘の為に最期に残してくれた想いとして綴っておきたいなと思いました。

随分と暗いお話を書いてすみません><

 

色んな想いを抱えながら、楽しいも辛いも沢山経験して豊かな大人になって欲しいと思います!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆

 

 

↓力強いシングルマザーさん達が沢山います^^

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

-娘のこと
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が娘と離れたがっているッ!? 焦った巣立ちの失敗談

先日父に言われた言葉に衝撃を受けました。   「Roroは、何をそんなに娘と離れたがっているの? 」     えっ?! ∑(゜ロ゜ノ)ノ     Sp …

貧乏だから文化資本を作れない! そんな迷信をぶっ飛ばす話

文化資本って知っていますか?   広い意味で言うなら、 「金銭によるもの以外の、学歴や文化的素養といった個人的資産」 を指す言葉です。 もう少し易しく言い換えると「豊かな経験を持っているかど …

子供と話す、子供の話。~ママは私を産むかどうか悩んだりした? ~

某テレビドラマを一緒に観ていて、そこに17歳の妊婦さんが出てきました。 お腹の子の父親は不明。     当然妊婦さんの親御さんは生む事に反対します。 親御さんはいかに子供を育てる事 …

シングルマザーRoroの、「小1の壁をぶち壊そうとし過ぎて失敗した」話

私は娘の小学校入学とほぼ時を同じくしてパート社員から正社員になりました。 勤務時間も内容の密度もぐっと増す事がわかっていたので、今までより子供の為に割いてあげる時間が少なくなるだろう事をかなり危惧して …

学校では教えてくれない、本当に必要だと思うこれからの能力

社会の勉強をしていた娘。 「人の進化はさ、脳の大きさがポイントじゃないの? でも新人より旧人の方が脳は大きいんだよ。なんで? 」 と聞いてきました。     「・・・・調べてみなよ …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー