母子家庭の奮闘

親がどうあるべきか、ちょっと真剣に考えてみた

投稿日:

子育てについて自問自答をしてました。

私の子育てが正しいかどうかも勿論気になりますが、何より子供の為か、子供の人生が有意義になるかについて。

 

一つ思ったことがあるので、今日はそれを記事にしたいと思います。

 

 

Sponsored Link



親の思惑がないなんて、結局子供に何の期待もしないのと同じじゃない?

我が子は幼い頃から本当に手のかからない子でしたが、一方で極端に何もしたがらない子でした。

 

「こわい」

「できそうにない」

「わからない」

「いやだ」

何を提案してもこんな返答ばかり。

 

ジャングルジムは下から3段目までしか登らない。

滑り台は階段を5段位まで登ってからそのまま階段を下りてくるだけ。

(てっぺんまで上りきれない)

ブランコは揺らさないで乗るだけ。

 

いつぞやの記事お友だちに挨拶をすることさえ勇気が出ない有り様でした。

 

 

慎重なのは悪いことではないですが、このまま子供の意思だけを尊重し続けて良いのでしょうか。

 

 

勿論あるがままを受け入れるのも大切だとは思います。

やりたくないならやらなくて良いと。

 

 

でも、幼少期の教育で最も大事なのは「経験」です。

なんでも怖がらずにやりたがる子と、全てがやりたくなくてやらない子の経験値の差は、その子のそれからの人生にどんな風に現れるでしょう?

 

 

それを考えたら私は、子供のあるがままだけを受け入れていくことがどうしてもできませんでした。

 

何度断られても提案をし続けたし、無理強いはしないまでもちょっとした背伸び位はさせるようにしていました。

 

例えばカニを触れない我が子に、せめて水槽に入ったカニをガラスの外から見せるような事です。

ガラス一枚隔てていればカニは娘に何も出来ない。

挟むこともないし、攻撃してくることもありません。

 

娘は最初、その提案さえよくわからずに「こわい」と拒否しましたが、実際にガラスケースの目の前まで来ると興味を示して近付いていきました。

それ以来、娘はガラス一枚隔てた観察が大好きになり、動物園や水族館に何度も足を運びました。

 

結局我が子が嫌なのは「よくわからないから」であって、その最初の一歩を踏み出せさえすれば、結果的に「たのしかった」と感想を持ってくれるのです。

 

だから、「よくわからないもの」全てに拒否反応を示す子供に「良いよ、止めよう」と言ってしまう事は、子供の可能性を狭めてしまう事になるんじゃないか。

 

出来ない、やりたくないを鵜呑みにして子供の意思を尊重することが必ずしも正しいとは限らない。

私はそう思っていました。

 

 

親に必要なのは、期待を裏切られる覚悟

そうこうして、行動力のある母親に引きずられるようにして娘は結局色んな分野にチャレンジし、今に至ります。

 

それが良かったか悪かったか。

現状は親子でそれを笑い話に出来る上に色んな経験値を積めた過去は有意義だったのではないかと思っています。

 

でもこれはあくまでも「現状では」の話。

本当は嫌だったかもしれないし、それがいどんなタイミングで子供が言ってくるかもわかりません。

 

でも一つだけ言えることは、

「それが嫌だったよ」

と言われる覚悟だけは持っていると言うこと。

 

 

私は昔、とてもしっかりした子で親は私より比較的手のかかる兄弟にかかりきりでした。

私なら間違いはないだろう、と信じた結果だと親は言うし、人に口を出されることを嫌う私には最適な子育ての仕方だったかもしれません。

 

でもね、私はそれが嫌でした。

もっと構って欲しかったし、私の色んな事に興味を持ってアドバイスして欲しいと思っていました。

 

両親は私に良かれと思ってやった事を、私は良いと思っていなかったと言うわけです。

 

これは往々にしてある。

だから、どんなに親が良かれと思ってしていることでも、本人がどう感じるかでそれが良くも悪くもなる。

しかもその時、その瞬間にどう思っているかなんて子供自身もあまりよくわかってないんですよね。

大人になったり沢山時を重ねた後、あの時のあれは本当はこう思ってた、というのがわかる。

 

そういうもんですよね。

 

 

だから結局、自分が良いと思う道を進むしかない。

その上で、感じ方人それぞれ。

「それがいや」

と言われる覚悟だけは持っていなくちゃいけないかなと思うのです。

 

 

Sponsored Link

まとめ

親の心子知らず。

子供の心も親知らず。

 

でもきっと、誰かの心なんて誰かに理解できるものではきっとないんじゃないかな。。。

 

 

秋の夜長にちょっぴりそんな事を考えたRoroなのでした。

 

 

 

↓力強いシングルマザーさん達が沢山います^^

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

-母子家庭の奮闘
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーが正社員狙いの就職活動をするにあたり、派遣登録をするメリット

先日、転職活動をしようかなと思い、派遣登録をしてきました。   一家の大黒柱である私は、勿論「派遣社員」ではなく「正社員」として働くことを望んでいます。 それなのにどうして派遣会社に登録をし …

シングルマザーでもシングルマザーじゃなくても! 子育てはインド式でいこう

Roroのシングルマザーブログへようこそ^^     よそ様の子供に、 「ねぇ、パパは? 」 と何の気なしに聞かれる事があります。   「いないよ」 そう答えると反応も様 …

母子家庭を否定するつもりはないけれど

シングルマザーRoroのブログへようこそ!     このタイトルのような台詞。 実はふと交わした会話の中にあった一言です。   これ多分、世の中の大多数の評価なんじゃない …

ママ友は敵か味方か

先日、娘の学校で宿泊学習がありました。 2泊3日、元気に楽しんで帰って来たようで、 お土産とお土産話がたっぷり! 楽しめたのはとても良かったなって思っています。   さぁ。 小さな小さな話か …

これだけは子供にどうしても伝えたかった

我が子は小さい時分、本当に挨拶の出来ない子でした。 幼稚園でもお友達が声をかけてくれるまで私の影でもじもじし続け、外で話す時も大抵が内緒話のようにそっと耳打ちしてくるのです。   &nbsp …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー