シングルマザーが家を買ったお話

【シングルマザーのマイホーム購入記・5】へこたれなければいい事もある! ちょっと希望が沸く話

投稿日:13/11/2018 更新日:

貧乏母子家庭の中古マンション購入記です。

最初から読みたい方はコチラからどうぞ。

 

 

 

さて、ここまで全く何の進展もないわたくし。

最初の新築モデルルームへのひやかしを除けば、一軒の内覧も出来ずにおりました。

 

 

そんな私に、初めての「内覧」の機会が巡ってきます!

それが私と不動産営業Tさんとの出会いでした。

 

 

Sponsored Link



初めての内覧

今日も今日とて

「内覧出来ます! 」

の看板を見て電話を掛けてみました。

 

価格は1590万。

 

前回の不動産屋さんへの相談で1400万ならなんとかなる! と思い込んだ私は、その辺のマンションなら射程距離だと思ったわけです。

勿論、1400万と1590万じゃ大きくかけ離れていますよね?

 

でも、数字とにらめっこし過ぎて感覚がよくわからなくなってしまっている私には、200万

の差なんて些細な事のように思えていました。

1400万も1590万も大した違いはないだろ。

みたいな。

 

 

いやいや、ぶっちゃけこれは大きな間違いなんですけど笑。

信じこんだら一直線! の私は勢い1590万のマンションに内覧を申し込んだのです。

 

 

 

不安も沢山ありました。

人間誰だって嫌な思いは出来るだけせずに生きていきたいですよね?

そんな気持ちは私も沢山抱えていました。

 

 

またタイミングが合わないのかな、、、。

また無下に断られて終わりかな、、、。

 

 

マイナス思考はなきにしもあらず。

でも、ここで負けるわけにはいきません。

 

 

だって貧乏母子家庭の私には、お金も社会的信用も何もないんですもの。

私が止まったらマイホーム購入計画は頓挫します。

根性出すか諦めるか。

 

 

まだ諦めたくはありませんでした。

 

 

 

 

そんなわけで玉砕覚悟で電話をしたわけですけど、、、、。

 

 

これがまぁ幸運にも内覧させてもらえたわけなんです!

 

 

Sponsored Link



 

1590万のマンションはフツーのファミリータイプのマンションでした。

築25年位だったかな?

うちの方の地域は大きな幹線道路が1本走っていて、駅からその幹線道路を1つ越えると多少物価が安くなる傾向にありました。

このマンションはその幹線道路を越えた方の地区にあり、弱冠今の生活環境よりは外回りですが、それでも学区を変えなくてはならない程ではありません。

 

 

でも、、、

 

 

 

「狭いですね、、、」

素直な感想がこれでした。

 

勿論今住んでるアパートに比べれば断然広いです。

でもマンション購入の思い描いく理想の広さではありませんでした。

 

 

ごくごく一般的な3LDK。

でもダイニングテーブルを置いたらリビングダイニングはいっぱいになってしまう広さのような気がしました。

 

 

勿論、贅沢言える身分じゃないんですけど(笑)、まだ身の程を知らない私は、

「ここはないかなぁ。。。」

と偉そうに思っていました。

 

 

 

そういえば、内覧の後ここが気に入らない時、どう断ればいいんだろう?

初めての事だったので、断り方がわかりません。

 

 

洋服屋さんと同じで、

「他もちょっと見てみます」

とかでいいのかな?

なんて考えていると、不動産屋さんが

「こちらのアンケートにご記入願えますか」

と書類を差し出しました。

 

 

新築モデルルームでも前回のシングルマザーに特化した不動産屋さんでも書いた、年収や希望購入価格などを記入するシートです。

 

そこからお客さんの大体を把握してマッチさせるマンションを探してくれるんでしょうが、正直このアンケートであんまり良い経験がありません(-_- )

 

 

出来れば書きたくない、、、。

でも書かなければ自分の意思は伝えられない。

ジレンマです笑。

 

 

とりあえず、渋々、、、内覧だけして書かないで帰るのも微妙かなと思い、書くことにしました。

 

 

書いた内容は、

シングルマザーであること。

年収が200万台であること。

ファミリータイプのマンションを探していること。

 

 

書いてから不動産屋さんに渡し、不動産屋さんがそれに目を通す前に、

「ここはちょっとアレなので、良さそうな物件があったらまた教えてください」

とだけ言い、そそくさと退散しました。

 

 

 

多分、電話はかかってこないだろうなって思っていました。

 

 

 

 

 

が!

なんと、その日のうちに連絡が来たのです!

(゜ロ゜)

 

 

 

 

 

電話をくれた人は先ほど内覧に付き添ってくれた人とは別の人で、

「一度話せませんか」

と言ってきました。

 

 

なんだかよくわわからないけれど、話を聞いてくれると言うのなら聞いて貰いましょう!

今まで話をまともに聞いてくれる人が居なかったので、少し嬉しかったのを覚えています。

 

その人には、数日後に家に来て貰うことになりました。

 

続きはコチラ

 

力強いシングルマザーさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

-シングルマザーが家を買ったお話
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【シングルマザーのマイホーム購入記・6】年収が低くても住宅ローンを通す方法について

貧乏母子家庭の中古マンション購入記です。 最初から読みたい方はコチラからどうぞ。     さて、内覧をさせて貰った不動産屋さんの営業さんが、我が家に事情を聞きにやってきてくれました …

【シングルマザーのマイホーム購入記・10】違和感を覚えるきっかけ

これは、貧乏母子家庭である私、Roroが四苦八苦して中古マンションを購入した体験記です。 最初から読みたい方はコチラからどうぞ。         タイミングが良 …

シングルマザーが家を買う! 住宅ローンは変動金利を選ぶべきか? 固定金利を選ぶべきか?

マイホーム購入に際し、住宅ローンを組みました。 人生で一番高い借金をした瞬間です。   払えるかどうかのシュミレーションを何度も繰り返してのローン契約でしたが、それでも何千万と言う借金を背負 …

シングルマザーが家を買う! 住宅ローン控除枠は必ずしも必要とは限らない?!

住宅ローン控除、今まで見聞きしてきた人はとっても多いと思います。 自分の払う税金(所得税)が考慮されて安くしてくれる制度で、不動産屋さんには 「○万円分のローン控除が受けられるから税金が戻ってきますよ …

階下トラブルを防ぐ! 大事なポイント2つで気持ち良く付き合おう

シングルマザー、母子二人暮らし。 出来れば自分を取り巻く環境の中では平穏に過ごしていきたいですよね。   特に私は娘が小さい頃からずっと、階下さんとの関係には気を配るようにしています。 &n …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー