母子家庭の奮闘

一人っ子である娘に妹が欲しいと言われたシングルマザーRoroの切り抜け大作戦

投稿日:26/01/2017 更新日:

幼稚園生だった頃、
娘に
「いもうとがほしい! 」
と言われた。

 

Σ( ̄□ ̄;)ガーン

 

まさかまさかまさか。
娘が弟妹を欲しがる日が来るなんて、、、
あたしには青天の霹靂だった。

なぜなら娘はとても甘えん坊なタチで、
小さい子のお世話とかにあまり興味がなかったからだ。
てきぱきしたしっかりした子は往々にしてお姉ちゃんになりたい願望を抱き、
そう言って来る事もあると知っていたが、
おおよそ娘はそんなタイプではない。
どちらかといえばお世話されたがり、
てきぱきした子の後ろでぬくぬくとしていたい子なのだ。

 

が。

娘には娘なりの想いがあったみたいで、
近しい友達のママのお腹に新しい命が芽生え、
事有る毎にその子が「お姉ちゃん」である事を嬉しそうに報告するもんだから、
なんだか羨ましくなってしまったんだそうだ。

 

 

Sponsored Link



 

 

うーん。。。
お姉ちゃんなんてそんなにいいもんじゃないんだけどなぁ。。。。

兄弟がいる私としては、
兄弟がいるが故のわずらわしさ、
めんどくささしか浮かばない。

おやつは半分こだし、
一人だけおばあちゃんからお小遣いを貰うと怒られるし、
悪い事は連帯責任だし。。。。

一人っ子の気ままさの方がどれだけ貴重か!
私は娘に自分がいかに幸せな境遇にいるを伝えてやりたかった。

 

ところが、
娘の近くにそのような関係の子達がいればまだ説明もしやすかったのだけど、
娘の周りには妹の面倒をとてもよく見る良いお姉ちゃんしかいないじゃないか!!!

ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

 

そりゃそうだ。
妹のように手がかかる娘と仲良くしてくれるんだ。
面倒見の良いおねえちゃんタイプしか近寄れないだろうよ。

 

盲点だった。

娘の友達には「理想のお姉さん」しかおらず、
その「理想のお姉さん」が、
「妹ってかわいいよね! 」
って話をしているのだ。

そりゃ単純な娘には「いいなぁ」と思う要素しかない!

 

いくら私が口で、
「おやつは半分こなんだよ」
って言っても、
実際分け与えてガマンした事のない娘は、
「いいよ。いもうとにあげられるもん」
というし、
「面倒見なくちゃいけないから好きなことできないんだよ」
と言っても、
「うん! いもうとのためならガマンできるもん」
と言う。

元々パパのいない我が家に弟妹は有り得ないのだと事実を突きつけても結局それがどうしてだか説明する事もできないし、
あんまり「お姉ちゃん」に対するマイナスイメージを植えつけ過ぎて、
弟妹が出来るママ友さん宅の子に吹聴されても困る。

 

困った。。。。

 

 

そこで、ちょっとした妙案が浮かんだ!

「あのね、妹についてママは凄く真剣に考えてみたんだよ」
「うん」

おもむろに抱き締めて話す。
娘、きょとん。

「ママは貴方が大好きなの」
「うん(しってるよ)」
ぎゅー。
「この世で一番大好きなの」
「うん(しってるってば)」
ぎゅー!
「世界中どこを探しても、きっとママは貴方より好きになれる子はいないと思うの」
「うん(だからしってるってば! )」
ぎゅー!!!!!!

 

「でもさー・・・妹ちゃんが生まれたら、妹ちゃんの事も愛さなくちゃいけないじゃん?? 」

ママ、
貴方が好き過ぎて、
妹ちゃんの事を貴方みたいに好きになってあげられるか心配だなぁ。。。。

 

Sponsored Link



 

 

「・・・」

 

これは効果てき面だった!

「え? え・・・・エヘ、エヘヘ・・・」
とにやけた笑いでその話が収束し、
ママがわたしのこと大好きすぎちゃうから、
うちには妹がいないんだ。
っという(納得にもならない)納得で話が終わった笑。

 

以降も何度か「妹が欲しいなぁ~」とは言われたものの、
「だめだめ! ママはそんなに器用じゃないのよ。大好きな娘は貴方だけで十分! 」
と言ってやり、
ぎゅって抱き締めてやれば話は終わった。

段々そう言われたいが為に言ってきてない?
と若干うざったい感情も芽生えてしまったけれど、
どうにかこうにかうまくその波を切り抜けたのでした。

 

いかがでしょうか。
安易に弟妹を欲しがる一人っ子を抱えたママさん、
この作戦ならみんなの気持ちを満足させた上で無理な事実を押し通すことができます!
是非、活用してみてくださいね笑。

 
 

力強いシングルママさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング

 

-母子家庭の奮闘
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小1の壁をぶち壊せ! 新しい世界への不安を取り除く存在を作ってあげよう

新しい世界へ飛び込むと言うのは、大人でもエネルギーを使うものですよね。 今までとは全く違う新しい世界。 期待と不安が入り混じり、子供ながらに緊張している事と思います。   増して小さなお子さ …

貧乏母子家庭が300円のプライベートブランドより500円のキャラモノを買う理由

みなさんこんにちは、Roroです♪     本日、子供の友人が遊びに来てくれました。 小6女児達のわいわいきゃぁきゃぁはかしましいですけど、気難しいお年頃でもあるのである意味でホッ …

シングルマザーの正念場! 「一人で決断ッ! 」を迷わないため

人はよく迷う生き物です。 ランチでどっちのデザートを頼もうか迷ったり。 気になってた洋服を買うべきかどうか悩んだり。 あの人へのラインの返事をどうしようか。 そういえばこの仕事のあれ、誰に聞こうか・・ …

母子家庭、心の葛藤

私は21歳で妊娠、 22歳で結婚と出産、 そして(恐らく)25歳で離婚をした。 世の中の若いママから見れば指を差して笑われてしまいそうなんだけど、 それでも恥を忍んで言おう! 世間一般的な出産年齢から …

no image

ママだけじゃダメ?

旦那さんは娘が2歳を迎えた直後に出て行きました。 娘と旦那はそれ以降ほとんど会っていません。 それについて私が「申し訳ない」と言う感情を持つ必要があると気付いたのは、 つい最近でした。 傲慢ですが、 …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー