娘のこと

気持ち悪い

投稿日:26/03/2017 更新日:

てんで言うことを聞かない。

少し前の私は、
娘に対してそういらいらしていた。

でも最近、
そうじゃないんだって気付いた。

 

娘の年齢は、
世の中の良い悪いを知らない年じゃない。

何をしたら怒られ、
何をしたら褒められるかを彼女は知っている。

 

そう。
知った上で動いている。

 

言ったことをやらないのは、
彼女がそれを出来ないからではない。
彼女がそれを望まないからで。

それをした方が良いことを知っているけど、
それをしたくない気持ちを抱えている。

そのハザマで、
彼女は思い、自身と相談し、葛藤し、
出た答えと行動に、
たまに自己嫌悪する。

 

 

ある日、
家に帰ると娘は不在で、
リビングのゴミ箱が倒れていた。

想像に難くない。
何かの拍子に蹴っ飛ばしてしまいそのままにしたのだろう。
もしかしたら急いでいて足が当たってしまったのかもしれない。

 

私はゴミ箱をそのままにして、
帰宅した娘に、
「あのね、こんな風に倒れていたら、ママは悲しいよ」
と言った。

娘は
「ごめんなさい」
と言いながら、
そのゴミ箱を元に戻した。

「ママに謝っても仕方ないから、ゴミ箱に言ってあげてね」
と言った。
娘はゴミ箱に、
「ごめんね」
と言った。

「いいよ。でもボクはキミと仲良くしていたいよ。倒されてそのままにされると心が痛いよ」
と声音を変えて私が答えた。

すると娘は顔をクシャッとさせて、
ポロポロと泣いた。

「ごめんねぇ! 」

 

え?!

 

泣いちゃったよ!!
∑(゜ロ゜ノ)ノ

 

こちらは軽い気持ちだったのだけど、
思いの外娘の心にクリティカルヒットしてしまった。

 

あぁそっか。
娘は今、
こんなにも心が敏感に感じやすいのか。

こんな多感な時期に、
ガミガミと鋭い言葉を乱暴に投げつけられたら、
子供の心の扉はどんどんと重く開かないもになっていくだろうと私は思った。

ぎゅぅっと抱きしめてやると、
「なんだか気持ち悪い・・・」
と呟いた。

 

「具合悪いの? 風邪? 」
と聞くと、
娘は首を振って、
「違うの。心がモヤッとするの。なんだか気持ち悪い」
と。

 

そういう時期。

ゴミ箱を蹴飛ばしたのは自分なのに、
身勝手に傷ついて涙が出る、
本当に自分勝手なこの時期。

とげとげしているハリネズミな娘の心。

 

それでもいいよって、
言ってあげられる親になれたらいいなぁ。

 

 

 

力強いシングルママさんが沢山居ますよ^^ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング

 

-娘のこと
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学生で英検受験! 3級受験の結果・・・

2017年度 第3回 実用英語技能検定 の結果がウェブで公開されましたね。 娘(小学6年生)はこの試験で英検3級に挑みました。   今日はその結果と軌跡を振り返りたいと思います♪ &nbsp …

娘も実は「書き」たかった!? 本のレビュー書きを始めました

先日初めての定期テストが終わり、後は夏休みを待つばかりとなりました! (娘の学校は二期制なので、期末テスト夏休み後なのです)   入学早々の緊張もすっかりなくなり、部活も定着し、気になってい …

思春期娘にどうしてもわかって欲しかった~死ぬってことの真実~

「死」と言う漢字はそんなに難しくないですよね。 「一」を書いて、「タ」と「ヒ」を書くだけで完成する。   それなのに、 「なんで3年生で習うの? 」 と当時娘に聞かれた時、 「死って書くのは …

勉強より大切な事があるって、いつまで言うんだろう?

先日、娘の通う予定の中学校の入学説明会に行ってきました。 そこで少し思う事があり、今回はそれを書かせて貰おうと思います。     Sponsored Link 勉強より大事なものが …

知っておきたい契約解除! 私は子供に「大切な事は絶対に譲らない」事を教えたかった

去年の話ですが、子供が勝手にとある商品を契約しました。   インターネットのとあるサイト広告を見て、 「これなら自分でも買える金額だ! 」 と判断。   実際に親の介在抜きで購入が …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー