娘のこと

気持ち悪い

投稿日:26/03/2017 更新日:

てんで言うことを聞かない。

少し前のRoroは、
子供に対してそういらいらしていました。

でも最近、
そうじゃないかもしれないと気付きました。

 

子供の年齢は、世の中の良い悪いを知らない年ではありません。

何をしたら怒られ、
何をしたら褒められるかを、子供は知っている。

 

そう。
知った上で動いているんです。

 

言ったことをやらないのは、
子供がそれを出来ないからではない。
子供がそれを望まないから。

それをした方が良いことを知っているけど、
それをしたくない気持ちを抱えているという事なんですよね。

そのハザマで、
子供は思い、自身と相談し、葛藤し、
出た答えと行動に、たまに自己嫌悪する。

 

 

ある日、
家に帰ると子供は不在で、リビングのゴミ箱が倒れていました。

想像に難くありません。
何かの拍子に蹴っ飛ばしてしまいそのままにしたのでしょう。
もしかしたら急いでいて足が当たってしまったかもしれません。

 

Roroはゴミ箱をそのままにして、
帰宅した子供に、
「あのね、こんな風に倒れていたら、ママは悲しいよ」
と言いました。

子供は
「ごめんなさい」
と言いながら、
そのゴミ箱を元に戻しました。

「ママに謝っても仕方ないから、ゴミ箱に言ってあげてね」
と言うと、子供はゴミ箱に、
「ごめんね」
と言いました。

 

「いいよ。でもボクはキミと仲良くしていたいよ。倒されてそのままにされると心が痛いよ」
と声音を変えてRoroは答えました。

すると、子供は顔をクシャッとさせて、ポロポロと泣くではありませんか!!

 

「ごめんねぇ・・・」

 

 

 

泣いちゃった!!
∑(゜ロ゜ノ)ノ

 

あぁそっか。
子供は今、こんなにも感じやすいのか。

こんな多感な時期に、
ガミガミと鋭い言葉を乱暴に投げつけられたら、
子供の心の扉はどんどんと重く開かないもになっていくだろうとRoroは思いました。

ぎゅぅっと抱きしめてやると、
「なんだか気持ち悪い・・・」
と呟いた。

 

「具合悪いの? 風邪? 」
と聞くと、
子供は首を振って、
「違うの。心がモヤッとするの。なんだか気持ち悪い」
と。

 

 

そういう時期ですね。

ゴミ箱を蹴飛ばしたのは自分なのに、
身勝手に傷ついて涙が出る、
本当に自分勝手なこの時期。

とげとげしているハリネズミの子供の心。

 

それでもいいよって、
言ってあげられる親でいたいなぁと思います。

-娘のこと
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

会った事のないパパと子供の欠点が同じ! どう注意すれば言いか悩んだ話

離婚した時、Roroはあることを決めました。   それは、 「パパの悪口を絶対に言わないこと」   子供にとってはママもパパも自分の大切な親であり、事情があって一緒に住めないのは致 …

災害時はどうすべき?! 子供と交わす約束について真剣に考えて欲しい

地震、異常気象。 次から次へと大変な事態になっていますね。   被害に遭われた方に心からお見舞い申し上げると共に、一日も早く通常通りの生活が過ごせるよう切に願っております。   & …

24時間テレビの募金活動を思う

Roroのシングルマザーブログへようこそ!     24時間テレビの募金に行って来ましたよ♪ 勿論、日本武道館に、、、★   募金は銀行でもその辺のスーパーでも、ネットは …

思春期娘にどうしてもわかって欲しかった~死ぬってことの真実~

「死」と言う漢字はそんなに難しくないですよね。 「一」を書いて、「タ」と「ヒ」を書くだけで完成する。   それなのに、 「なんで3年生で習うの? 」 と当時娘に聞かれた時、 「死って書くのは …

小学校入学! 学用品は賢く買いましょう大作戦

そろそろ卒業&入学シーズンの到来です^^ 新しい場所での出会いに期待と不安が入り混じりつつ、一方でママは準備に追われる毎日ではないでしょうか。   かくいう自分も我が子の中学校入学に …

【管理人Roroはこんな人】


人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。 気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;) 離婚してからの波乱万丈、苦しくも楽しかった日々と生活の知恵、それからシングルマザーとして生き抜く為のノウハウを、ファイナンシャルプランナー資格を持ったRoroが綴ります。



Instagram

カテゴリー